ISPSからのお知らせ Feed

2013年10月18日 (金)

宇都宮さんを偲ぶ会のスライドショー

 将棋を世界に広める会会員の新関さんが、9月3日に行った「宇都宮さんを偲ぶ会」のスライドショーを作成しました。新関さんありがとうございます。

宇都宮さんを偲ぶ会
YouTube: 宇都宮さんを偲ぶ会

2013年9月22日 (日)

宇都宮靖彦さんのメモリアル交流将棋大会のお知らせ

 将棋を世界を広める会は9月21日に行われた理事会で、如水将棋倶楽部主催の「宇都宮メモリアル交流将棋大会」(下記)に協賛することにいたしました。故宇都宮靖彦さんは、亡くなられた4月まで当会の副理事長の職にありました。会員の皆様のご参加をお願いできればありがたく思います。参加される方は10月31日までに isps.contact@gmail.com まで電子メールで連絡ください。

「宇都宮メモリアル交流将棋大会」のご案内  
一橋大学の卒業生で「将棋を世界に広める会」前副理事長・故宇都宮靖彦氏を偲ぶ交流将棋大会を開催いたします。

  名称 : 宇都宮メモリアル交流将棋大会
日時 : 2013年11月30日(土) 13時-17時(その後、17時30分-19時30分 懇親会)
場所 : 東京・神田一ツ橋「如水会館」地下1階囲碁室(懇親会は同1階「マーキュリー」)
東京都千代田区神田一ツ橋2-1-1
       TEL : 03-3265-6054
       交通 : 地下鉄神保町駅から徒歩4分、地下鉄竹橋駅から徒歩4分
       URL : http://www.kaikan.co.jp/josui/
会費 : 5000円
  講師 : 早水千紗女流三段
  内容 : A組(時計なし、計55分)・B組(時計あり、各25分、切れたら30秒の秒読み)に分かれ、各人4局対局する。段位は各人の申告による。(目安は、初段以下がA組、二段以上がB組)
         別に、希望者は、早水女流三段の指導将棋を受けられる。
  賞品 : 特に用意しない。
  申込み : 次の事項を明記して、幹事あてにお知らせください。
         氏名(          ) 段・級位(        ) 希望する組(    組)
         早水先生の指導将棋を希望する(      ) 
  締切り : 10月31日(木)

幹事: 尾関陽四(如水将棋倶楽部、将棋を世界に広める会理事も兼任)

メール連絡先:isps.contact@gmail.com (将棋を世界に広める会のコンタクトメールアドレスです。参加申し込みの情報は尾関幹事に回します。個人のメールをウェブサイト上で公開してその個人に到着する迷惑メールの着信が増えるのを防ぐため将棋を世界に広める会のコンタクトメールアドレスを使います。)

 

2013年9月 8日 (日)

宇都宮靖彦さんを偲んで

 当会会員の新関さんが、当会副理事であった故宇都宮靖彦さんの追悼のスライドショーを作成し、YouTube に公開されたのでご紹介します。

宇都宮靖彦さんを偲んで
YouTube: 宇都宮靖彦さんを偲んで

2013年9月 5日 (木)

「宇都宮さんを偲ぶ会」開催報告

「宇都宮さんを偲ぶ会」開催報告                               

尾関陽四


  2013年9月3日に、東京・神田一ツ橋「如水会館」で、「宇都宮さんを偲ぶ会」を開催いたしました。
出席者は:

[日本将棋連盟]青野照市九段・高田尚平六段・早水千紗女流三段・渥美雅之理事
[将棋を世界に広める会]眞田尚裕・寺尾学・尾関陽四・勝俣豊次郎・北昌宏・小針俊郎・世良博俊・袴田勇・松岡信行・森本幸男・入江建久・清水規雄・新関満・福原進・水谷一博・渡辺騏一郎

[如水会]小俣光夫

の計21名でした。

 会は、本会・眞田理事長の開会挨拶に始まり、宇都宮さんの同期である渥美雅之日本将棋連盟理事に献杯の音頭をとっていただきました。以後、食事を取りながら、一人ひとりが宇都宮さんの思い出、宇都宮さんから受けた教えなどを披露いたしました。慎重居士だった宇都宮さんに、意外にも、猪突猛進の側面があることなど、この日初めて知ることになったことも出来し、会は大いに盛り上がりました。                            

 宇都宮さんが生前最も気にかけておられた「将棋の世界組織を作る件」については、日本将棋連盟・青野専務理事と出席者の間で率直な意見交換が行われ、今にも、宇都宮さんが一言口を挟みそうな雰囲気が醸し出されました。この件は、本会の重要な継続課題であることが出席者の間で確認されました。

 また、宇都宮さんの外国での活躍の模様が、寺尾理事および新関さんよりスライドで紹介され、改めて、宇都宮さんの残した足跡の広さ・大きさを実感した出席者も多かったのではないでしょうか? このスライドの一部は、DVDに収録して宇都宮文子様に贈られます。

 最後に、この会に出席いただく予定でありながら、体調不良のため出席の叶わなかった宇都宮文子さんからのメッセージが読み上げられ、会は終了いたしました。

2013年8月21日 (水)

ESCベラルーシ大会に参加して(前のレポートに写真を加えました)

 8月13日に公開した「ESCベラルーシ大会に参加して(会員レポート)」に写真を追加いたします。

ミンスク将棋大会1
YouTube: ミンスク将棋大会1

ESCベラルーシ大会に参加して         ISPS会員 新関 満

 

~はじめに~

“定年になったら海外で将棋を指してみたい”と思い続けていた私は、「将棋を世界に広める会」を知って夢の実現に期待を膨らませて入会した。

機関紙の「かけはし」でウクライナやフランス大会の記事から、日本の伝統文化である「将棋」をこれほど多くのヨーロッパの人達が楽しんでいることを知り感激した。そして、一昨年のドイツ大会に初めて参加して以来、その感動が忘れられずその後毎年メンバーに加えて頂いている。今回は昨年のポーランド大会に続いて三回目のヨーロッパ将棋旅行となったが、この感動を皆様にお伝えし、多くの方にご参加していただきたいと思っている。

 

~美しい街ミンスク~

今年の開催はベラルーシ共和国の首都ミンスク市、私には想像もできないロシア圏の都市であったが市内に入ってびっくりした。車道の大通りに沿った広い歩道の両側には様々な模様の花壇が配置されており、さらに鮮やかなグリーンベルトが続いている。驚いたことにこの道路には塵ひとつ落ちてなく、“美しい街ミンスク”が深く印象に残った。

 

~将棋大会の楽しさ~

 将棋大会は718日~21日の4日間に渡って開催された。

 最初の大会は、Blitz(早指し選手権戦)で夕方6時に開始され、8分切れ負けの勝負を全員が8局対局するもので、私もロシアやウクライナの人達と楽しく対局し、最後にここベラルーシの大学生に敗れて入賞の期待も消えてしまった。

二日目からはヨーロッパ選手権戦と世界選手権戦が並行して開催され、各国の強豪が大熱戦を繰り広げる素晴らしい大会であった。

世界選手権戦には日本人5名が参加しヨーロッパの人達と将棋の対局を通して交流を深めた。

91名の参加者を最も驚かせたのは世界選手権戦の優勝者が日本から参加した10才の少年、伊藤匠君(写真の左側、二人の大人に挟まれている)であったことだろう。決勝戦は地元の強豪セルゲイ氏となったため大勢の観客が集まり大歓声が起こった。

多くのヨーロッパの人たちは対局ごとに棋譜をとる習慣になっている。日本の大会ではほとんど見かけないこの光景は、いつも私の心に残り彼らの将棋に対する熱意に打たれる。また、対戦は握手で始まり握手で終わる。会場での私語は最も嫌われ、日本での習慣で終了後に感想の会話などをしていると空かさず「シー」と声が上がる、静かな会場の雰囲気に浸りながら立派なマナーに感心するひとときであった。

 

〜指導対局に感服〜

この大会には高田六段、北尾まどか女流初段、中井広恵女流六段が参加されて華やかで豪華な交流となった。プロ棋士と対局機会など全くないこの地の人たちは列を作って順番を待っている。高田先生と中井先生は毎日朝から夜遅くまで指しておられた。感服するとともに先生方の健康も心配になった。

ISPSメンバーもそれぞれ普及活動のために奮闘した。私は子供たちとの対局を目当てに「飾り駒」のお土産を持参し、たくさんの小さな友達を作ることができた。尾関理事は各国の代表との面会や寄贈品の確認などに追われながらも、各国のメンバーを誘って懇親会を開催した。美味しいベラルーシ料理とミンスク黒ビールでの乾杯は忘れ得ない思い出になった。

2013年8月16日 (金)

夏休み交流会の報告

 8月14日に行われた如水将棋倶楽部に、フランスのアドリアン君、ドイツのファフさんファミリーが招かれて交流将棋会が行われました。どう倶楽部の幹事で、当会の理事でもある尾関がレポートします。

夏休み交流会の報告(PDFファイル)

2013年8月13日 (火)

ESCベラルーシ大会に参加して(会員のレポート)

 当会会員の新関さんが、7月にベラルーシのミンスクで行われたヨーロッパ選手権に参加したレポートを寄せられました。(21日追記、新関さんがビデオを作成し YouTube にアップロードしました。)

ミンスク将棋大会1
YouTube: ミンスク将棋大会1

ESCベラルーシ大会に参加して         ISPS会員 新関 満

~はじめに~
“定年になったら海外で将棋を指してみたい”と思い続けていた私は、「将棋を世界に広める会」を知って夢の実現に期待を膨らませて入会した。
機関紙の「かけはし」でウクライナやフランス大会の記事から、日本の伝統文化である「将棋」をこれほど多くのヨーロッパの人達が楽しんでいることを知り感激した。そして、一昨年のドイツ大会に初めて参加して以来、その感動が忘れられずその後毎年メンバーに加えて頂いている。今回は昨年のポーランド大会に続いて三回目のヨーロッパ将棋旅行となったが、この感動を皆様にお伝えし、多くの方にご参加していただきたいと思っている。

~美しい街ミンスク~
今年の開催はベラルーシ共和国の首都ミンスク市、私には想像もできないロシア圏の都市であったが市内に入ってびっくりした。車道の大通りに沿った広い歩道の両側には様々な模様の花壇が配置されており、さらに鮮やかなグリーンベルトが続いている。驚いたことにこの道路には塵ひとつ落ちてなく、“美しい街ミンスク”が深く印象に残った。

~将棋大会の楽しさ~
 将棋大会は7月18日~21日の4日間に渡って開催された。
 最初の大会は、Blitz(早指し選手権戦)で夕方6時に開始され、8分切れ負けの勝負を全員が8局対局するもので、私もロシアやウクライナの人達と楽しく対局し、最後にここベラルーシの大学生に敗れて入賞の期待も消えてしまった。
二日目からはヨーロッパ選手権戦と世界選手権戦が並行して開催され、各国の強豪が大熱戦を繰り広げる素晴らしい大会であった。
世界選手権戦には日本人5名が参加しヨーロッパの人達と将棋の対局を通して交流を深めた。
91名の参加者を最も驚かせたのは世界選手権戦の優勝者が日本から参加した10才の少年、伊藤匠君(写真の左側、二人の大人に挟まれている)であったことだろう。決勝戦は地元の強豪セルゲイ氏となったため大勢の観客が集まり大歓声が起こった。
多くのヨーロッパの人たちは対局ごとに棋譜をとる習慣になっている。日本の大会ではほとんど見かけないこの光景は、いつも私の心に残り彼らの将棋に対する熱意に打たれる。また、対戦は握手で始まり握手で終わる。会場での私語は最も嫌われ、日本での習慣で終了後に感想の会話などをしていると空かさず「シー」と声が上がる、静かな会場の雰囲気に浸りながら立派なマナーに感心するひとときであった。

〜指導対局に感服〜
この大会には高田六段、北尾まどか女流初段、中井広恵女流六段が参加されて華やかで豪華な交流となった。プロ棋士と対局機会など全くないこの地の人たちは列を作って順番を待っている。高田先生と中井先生は毎日朝から夜遅くまで指しておられた。感服するとともに先生方の健康も心配になった。
ISPSメンバーもそれぞれ普及活動のために奮闘した。私は子供たちとの対局を目当てに「飾り駒」のお土産を持参し、たくさんの小さな友達を作ることができた。尾関理事は各国の代表との面会や寄贈品の確認などに追われながらも、各国のメンバーを誘って懇親会を開催した。美味しいベラルーシ料理とミンスク黒ビールでの乾杯は忘れ得ない思い出になった。

2013年7月19日 (金)

グランゼコール生の将棋体験会を手伝いました

 7月6日(土)と14日(日)に、文京区の本郷の上真砂町町会会館で、フランスから日本へインターンシップのプログラムで来日しているグランゼコール生への将棋体験会が東京大学生とそのOBによって企画され、対局相手のボランティアとして、当会からも、理事のピノー、北、寺尾のほか、会員の石田克彦さんが参加しました。6日と14日で合計40人を超えるグランゼコール生が将棋を体験しました。

Img_0124

Img_0120

 写真でご覧のとおり、会場の上真砂町町会会館は畳敷きの日本間で、グランゼコール生たちは、靴を脱いで座布団の上に座っての将棋体験となりました。

2013年7月10日 (水)

ドイツ、スウェーデンでの付録小冊子配布の反応レポート

 ヨーロッパ在住のMisako IR さんから、「将棋世界」などの付録小冊子の配布実験をしたレポートが寄せられました。どのようなものが求められているか、欲しいと思う人の棋力はどの程度か、提供側と受け取り側とのマッチングを図るためには、などなど興味深い考察が展開されています。ご欄ください。(尾関陽四)

欧州付録小冊子配布レポート(PDFファイル)

2013年6月15日 (土)

ドイツのケルンに赴任中のHIDETCHIさんの写真

 ドイツのケルンに赴任中の会員の HIDETCHI(川崎智秀) さんが撮った将棋普及活動の写真です。5月18日のハンブルグの桜祭り日本文化デーと、今年は来場者が合計で60万人と主催者が発表している5月25日に行われたデュッセルドルフの日本デーで将棋のブースを設けられました。(写真と短いコメントは HIDETCHI さんの Facebook から本人の許可を得て採りました。写真をクリックすると大きく表示されます。また、ブラウザの左向き矢印のボタンを押すと元に戻ります。)

2003_05_kakehashi_hidetchi3

”どうぶつしょうぎクイックガイド完成。4枚ラミネートし

ました。これで今年のイベントは準備万端。”

2003_05_kakehashi_hidetchi1

”ハンブルグでの将棋展示の様子。結構人気でした。”

2003_05_kakehashi_hidetchi2

”デュッセルドルフの将棋テントは大盛況でした。”

 

デュッセルドルフ/NRW 日本デーについては、こちらの公式サイトの日本語の記事をご覧ください。すごい規模のイベントですね。

続きを読む »

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード