« 2014年12月 | メイン | 2015年2月 »

2015年1月

2015年1月22日 (木)

第6回国際将棋フォーラム国際トーナメントクラスAの棋譜

 準決勝、決勝の棋譜は既に公開しています(第6回国際将棋トーナメントの準決勝、決勝の記譜)。ここで公開するのはそれ以外の棋譜で記録が残っているものです。

  • 先手(勝) 粟野 利夫(日本) 後手 張 益誌(チャン・イーチー 台湾)

 後手2手目3二飛車戦法。先手はそれを見てから相振り飛車を選択。中盤、難しい戦いが続いたが、先手は4一角の打ち込みから十字飛車狙いの合わせ歩がうまい手筋で優勢を築き勝利。

  • 先手(勝) ウラジーミル・フロロチュキン(ロシア) 後手 ジョナタン・ルイス・ラサロ(スペイン)

先手四間飛車、後手は舟囲いから5七銀右から右桂を跳ねて急戦狙い。先手が角交換を恐れずに対応し、中盤で桂得になり、その桂馬を6四桂に打ちおろして銀と交換で銀得になり駒得拡大。後手も終盤頑張り先手玉を受けなしに追い込んだが、先手の寄せの方が早かった。

  • 先手(勝) 和田 はな(日本) 後手 カロリーナ・スティチンスカ(ポーランド)

先手中飛車、後手三間飛車の相振り飛車の出だし。先手は穴熊の堅陣に組み、飛車交換を狙う。後手は左桂を捌き、中央にと金ができるので飛車交換に応じた。どちらが早く寄りつくかという将棋になったが、最後先手が長手数の詰みを読み切って勝利。

  • 先手 シモン・ミューラー(スウェーデン) 後手(勝) ステファノス・マンダラス(ギリシャ)

先手居飛車穴熊、後手三間飛車の対抗形。先手は穴熊のハッチを閉める前に隙ありとみて開戦。わかれは上々のようだったが、途中穴熊のハッチを閉めるチャンスがあったのを見送って攻め続けたのがたたり、後手に鋭い反撃があり、後手が逆転勝利。

  • 先手(勝) コリン・ンー(カナダ) 後手 フレデリック・ヴェレイデン(ベルギー)

相矢倉模様から先手がカニカニ銀を採用。後手は面食らったか端の折衝で角と銀香の二枚換えの損な取引に自ら突っ込み、さらに5三にと金を作られてなすすべがなくなった。カニカニ銀の快勝譜。

  • 先手 ヤニック・ペルティエ(スイス) 後手(勝) ジャン・フォルタン(フランス)

先手が後手に飛車先交換を許す力戦の矢倉戦に。後手は角銀交換の駒損をいとわず強引な攻めを続け、自玉が金銀三枚で囲われ絶対に詰まない形から飛車を金と刺し違え一気の寄せに出て、先手がこらえきれず後手の勝利。

    • 先手 ポムモンコン・ポムピチットワタナキット(タイ) 後手(勝) マルコ・ディートマイアー(オーストリア)

先手三間飛車、後手は舟囲いで対抗。先手が序盤に7五歩と石田流を目指したのが不用意で、後手がすかさず戦機をつかみ急戦調の将棋となり、角交換から飛車先の歩を交換で来て有利に。先手も9八に角を打つなど手をひねり出して粘ったが後手の追及厳しく、後手の制勝。

    • 先手(勝) 高橋 晴仁(日本) 後手 李 鵬宇(リ・ペンニュー 中国)

互いに三間に飛車を回して相振り飛車に。ともに美濃囲い。後手が端を絡めて開戦したが、先手は老獪に対応して後手の角を隠居させた。しかし、後手も左桂を捌きどっちが勝ってもおかしくない局面に。116手目に3七桂成りの詰めろでなく、4七歩と垂らして詰めろをかけておけばどうなっていたか。本譜は手順に王手で後手の飛車を手に入れた先手がさらに王手で飛車を打って後手の種駒を抜いて大勢決した。

  • 先手 ラスロ・アブツキ(ハンガリー) 後手(勝) 高橋 晴仁(日本

後手が一手損角換わりダイレクト向かい飛車。先手は6五角と打ったものの激しい順に飛び込まず、駒組み合戦に。先手は香得で馬をつくる戦果を挙げたが、後手は高美濃を自ら崩す5四金から6筋を反撃。先手にもチャンスが何度かありそうな将棋だったがいつの間にか後手陣が修復され後手玉が見えなくなり、後手の勝利。

  • 先手 粟野 利夫(日本) 後手(勝) セルゲイ・コルチツキィ(ベラルーシ)

先手が四間飛車から穴熊を目指そうとしたところ、後手は地下鉄飛車の駒組みを見せたため、先手は穴に潜らず1八香を上がった美濃に変更。それでも後手は飛車を地下から2筋に回し力戦模様。以下、力のこもった応酬が続き、どちらもチャンスがある将棋に。一手30秒の秒読みの中、192手の大熱戦を後手が制した。並べていて面白い一戦。

    • 先手(勝) ウラジーミル・フロロチュキン(ロシア) 後手 クリストフェー・ガリャルド(チリ)

先手が四間飛車。先手が角交換を挑んだのを後手が4四歩で拒否したところ、その歩を十字飛車で掠め取る手を選択。序盤早々飛角交換となったが、一歩得をした先手が徐々に優位を拡大。角切りから詰めろ金取りの角打ち、飛車切りから王手銀取りの飛車打ちなど手筋を連発して勝利を不動のものに。

  • 先手(勝) 顧 冠鳴(コ・ガンミン中国) 後手 ステファノス・マンダラス(ギリシャ)

先手が三間飛車、後手は中飛車に振ったが、玉を自陣の左側に移動させ天守閣囲いを組むというあまりみない形に。力戦が続いたが、68手目の8八飛車打ちが龍と飛車がダブってしまいどうだったか。以下も熱のこもった攻防が続いたが先手が一手勝ち。

  • 先手 梁 啓雲(リョン・カイワン 香港) 後手(勝) ジャン・フォルタン(フランス)

角換わり。後手は先手が右銀を動かす前に6八玉と上がったのを見て棒銀に。先手は7七にあがった銀を8八に引く屈服形で棒銀の捌きを防いだが、後手に筋違い角を打たれて7六の歩を取られ、次第に不利に。先手は金銀四枚全部を左辺に集めて全力で受けに回ったが、後手に角切りの英断があってついに8筋を突破されることに。その後先手は後手の飛車を8筋からどかすことに成功したが後手は先手の角を召し取りついに大勢決す。

  • 先手(勝) コリン・ンー(カナダ) 後手 アンドレアス・カプスナー(ドイツ)

先手三間飛車。後手は3二金と上がってしまったため、駒組みに苦労することに。先手は歩を切った7筋に歩を垂らしてと金を作り、駒得をはたし、快勝。

  • 先手(勝) 和田 はな(日本) 後手 ジェームス・マン・ド・トレド(ブラジル)

先手中飛車。後手は右四間飛車を目指すも、5五の位を早めに取られて断念、天守閣囲いから米長玉にしてチャンスを待つことに。途中千日手模様になったところから先手が手を変え、後手も中央から動いて決戦に。64手目5五同角のところは同銀もありそうだし、82手目の2四同銀では手抜いての攻めも考えたいところだったと思うが秒読みで読み切れなかったか。先手の1四金が狙いを秘めた手で、飛車に目もくれずに3二馬となっては万事休す。

  • 先手 コリン・ンー(カナダ) 後手(勝) ウラジーミル・フロロチュキン(ロシア)

後手四間飛車。先手は居飛車で5七銀と右銀を繰り出して天守閣囲いを目指したが、後手に玉の腹が開いたところで向かい飛車にさらに振られて動かれてポイントを稼がれた。その後桂損ながら飛車を取り合ってと金で後手の囲いに迫れる形になり形勢は混沌。秒に追われたか微妙に謎な応酬が続いたが、後手の馬が3五の要所に引ける展開となり大勢決した。

  • 先手(勝) 高橋 晴仁(日本) 後手 マルコ・ディートマイアー(オーストリア)

先手三間飛車から石田流。後手の一瞬のスキをついて先手は4四の歩を掠め取り、その銀を捨てて4一の金を飛車を成りながら取ることができて優勢に。しかし後手もその龍を取ることに成功し、受け切りに活路を見出す。しかし、先手の攻めは鋭く中段で後手玉は即詰みに。

  • 先手 和田 はな 後手(勝)ジャン・フォルタン(フランス)

先手中飛車から、角交換。後手は居飛車で左銀を4四に繰り出し、さらに右銀も4六に繰り出して5五歩交換を拒否。先手は向かい飛車に振りなおして8筋の歩を伸ばしていこうとするが、1六角から7六の歩を掠め取る後手の構想が見えない手だったか。後手は飛車頭単打の歩から馬をつくるのに成功、十字飛車を決め角金交換ながら龍をつくり有利を拡大し制勝。

2015年1月21日 (水)

第6回国際将棋フォーラム国際トーナメントクラスBの棋譜

  • 先手 スティーブン・ケイン 後手 エクトル・アギーレ・シナガワ(メキシコ)

後手四間飛車、先手は舟囲いから5七銀左を4六に繰り出して急戦。先手が駒得になったが、後手も角を金と刺し違え、と金を作って先手陣に迫り接戦に。よく追い込んだものの最終盤で後手が玉の逃げ方を誤り、先手が即詰みに討ち取った。

<< Bクラス決勝戦 >>

  • 先手(勝) アラン・ベーカー(米国) 後手 ウーター・ド・ハース(オランダ)

先手中飛車、後手舟囲いから2枚銀に組み上げ袖飛車。先手は木村美濃から、右銀を前線に繰り出す積極策で局面をリード。互いに角が端に覗いたが、先手の角の方が急所に利いていて厳しく勝勢になりそのまま押し切った。アラン・ベーカーさんがクラスBで優勝となった。

第6回国際将棋フォーラム国際トーナメント予選3回戦の棋譜

  • 先手(勝) 張 益誌(チャン・イーチー 台湾) 後手 エクトル・アギーレ・シナガワ(メキシコ)

相振り飛車の熱戦。後手は飛車を見捨てて先手の玉頭から殺到したが駒不足に陥り、頑強に抵抗したものの先手の正確な追及に屈す。

  • 先手 ロイ・イータック(マレーシア) 後手(勝) 梁 啓雲(リョン・カイワン 香港)

先手の四間飛車に対し、後手は居飛車穴熊で対抗。先手の左銀が変則的な動きだったが、うまく捌けそうなところで失着があり、居飛車穴熊のペースに。140手まで頑張ったが後手の穴熊の玉は遠かった。

  • 先手 マイケル・マッキンベン(ニュージーランド)後手(勝) フレデリック・ヴェレイデン(ベルギー)

相矢倉戦。後手の早囲いに対し先手は引き角から素早く3筋の歩を角で交換。後手も4五ふから右銀を繰り出して激戦に。飛車を取り合った判断が悪く、矢倉場外に居た先手玉は先手先手で攻められ落城。後手の寄せは緩みがなかった。

  • 先手(勝) ステファノス・マンダラス(ギリシャ) 後手 アンドレアス・ディーアマイアー(オーストリア)

先手三間飛車に後手は、舟囲いから二枚銀にして対抗、しかし先手に十分な石田組を許し、先手が作戦勝ち。先手は左銀もくっつけて金銀四枚の囲いにし、飛車交換して優位に立ち、後手が龍を殺しに来たところを角切りで一閃。81dojoはじめネットだけで強くなった人がヨーロッパチャンピオン経験者を破った一局。

  • 先手 アスル・オルフセン(ノルウェー) 後手(勝) クリストフェー・ガリャルド(チリ)

先手矢倉に後手は右四間飛車で対抗。後手の攻めが決まりかけたが、先手の反撃で後手の角道をふさぐのに成功し混戦に。最後は駒得で先手有利になったが痛恨の頓死見落とし。後手の先手玉に迫る桂打ちが功を奏した。

  • 先手(勝) エンベル・オルロ(ペルー) 後手 ニコラ・カリディ(イタリア)

 先手の原始中飛車から、銀をどんどん前に進めていく指し方に幻惑されたか、後手は金が3三に上がり角道を自分の金で止める悪形に。しかし、その金を力強く前進させ、中盤に形勢が接近したが、そこで飛車を取り合うときに一枚金駒を損して再び先手に形勢が傾き、そのまま先手が制勝。

  • 先手 ポムモンコン・ポムピチットワタナキット(タイ) 後手 ピーター・ハイネ・ニールセン(デンマーク)

終盤戦だけ見ると相矢倉戦だったように見える一局。実は先手は中飛車で後手は舟囲いで対抗。双方玉の囲いよりも銀を前に出すのを優先した撃ち合いで、先手玉は右翼から左翼に逃避行。飛車銀交換で後手有利かと思ったが、先手の6一角の勝負手で混沌。秒読みで指運勝負となり、より正確に指しきった先手が勝利することに。

  • 先手(勝) カロリーナ・スティチンスカ(ポーランド) 後手 アルテム・コロミエッツ(ウクライナ)

 先手が三間飛車から石田流、後手は2枚銀に引き角で対抗したが、先手は飛車金交換から桂馬を手に入れる展開となり、その後もうまく攻めをつなぎ、後手玉だけ終盤という会心譜となった。

  • 先手(勝) 和田 はな(日本) 後手 アラン・ベーカー(米国)

相中飛車で17手目まで先後同型だったが、後手から手を変えた。互いに向かい飛車に振りなおしたが、先手だけ飛車先の歩を交換できて優位に。その持ち歩を生かして端攻めを成功させ、暴れてくる後手の指し手に丁寧に応接して駒得を拡大。後手は戦意喪失で投了。

2015年1月20日 (火)

第6回国際将棋フォーラム国際トーナメント予選2回戦の棋譜

  • 先手(勝) ラスロ・アブツキ(ハンガリー) 後手 エンベル・オルロ(ペルー)

後手の原始中飛車に先手は舟囲い。中盤戦の長い戦いで次第に先手が有利になり、角をうまくつかって後手がつくったと金を取り切り優勢に。端攻めのタイミングもうまく最後は即詰めにきってとった。

  • 先手 ウーター・ド・ハース(オランダ) 後手(勝) フェルナンド・バティスタ(ポルトガル)

横歩取り8五飛戦法から力戦に。先手は敵陣に打ち込んだ飛車が殺されてしまい、飛車金交換の駒損となり次第に劣勢に。最後は大技の寄せが出て後手が快勝。

  • 先手(勝) アルテム・コロミエッツ(ウクライナ) 後手 エルデニバートル・ゲンデン(モンゴル)

相振り飛車となったが、先手が穴熊、後手が美濃囲いで対抗。後手がうまく戦機をつかんで馬をつくってうまくいったとおもったが、先手にうまい受けがあり、銀損となり、その後見事な差し回しで先手が制勝。

  • 先手(勝) セルゲイ・コルチツキィ(ベラルーシ) 後手 ジョージ・フェルナンデス(米国)

先手居飛車、後手四間飛車の対抗形に。先手は居飛車穴熊、後手は高美濃に囲う。先手の仕掛けがうまくいって右桂が捌ける展開となり、また、6筋にタタキの歩の手筋も何度も出て先手が快勝。

  • 先手(勝) ロイ・イータック(マレーシア) 後手 ミッコ・トルンクビスト(フィンランド)

 先手居飛車、後手中飛車の対抗形。棒銀がうまくさばけ、銀の割打ちも決まって先手優勢に。途中中央からの後手の反撃の受けを誤り差をかなり詰められたが最後は見事な即詰みで先手の勝利。

  • 先手(勝) ヤニック・ペルティエ(スイス) 後手 カロリーナ・スティチンスカ(ポーランド)

後手のゴキゲン中飛車に先手は超速、後手は銀を4四に繰り出したが、先手も2枚目の銀を操出し、中央で苛烈な戦いに突入、秒読みで先手玉が詰むや詰まざるやの勝負となったがわずかに詰まず、先手が熱戦を制す。

  • 先手(勝) ポムモンコン・ポムピチットワタナキット(タイ) 後手 リオネル・クアシ(コートジボアール)

 相中飛車から、先手が6筋に飛車を振りなおしてうまく戦機をつかんで飛車先を突破。後手も端に角を覗いて反撃を狙ったが、秒読みで角筋を間違えて成りこんでしまいジ・エンド。

  • 先手 トー・テック・ウェイ(シンガポール) 後手(勝) ピーター・ハイネ・ニールセン(デンマーク)

先手が角交換四間飛車から向かい飛車に。後手は飛車先の歩突きを保留して玉頭に位を取って銀立ち矢倉に布陣。先手が棒銀で飛車先を突破して優勢になったが、後手の自陣への角打ちから玉のコビン攻めに対する受けを誤り逆転。

  • 先手 ミハル・モラフチーク 後手(勝) 和田はな(日本)

双方飛車を中央に振り、相中飛車。後手は金損ながら飛車を成りこむ。しかし、やはり金損は大きく、先手が制勝。

  • 先手 姚 志標(ヤオ・ジービャオ 中国) 後手(勝) ジャン・フォルタン(フランス)

横歩取りの4五角戦法に進むと思いきや、先手が定跡をはずして相横歩取りの力戦に。互いに大駒を成りあったが次第に後手が駒得なり一手勝ち。

2015年1月18日 (日)

第6回国際将棋フォーラム国際トーナメント予選1回戦の棋譜

 日本将棋連盟のご厚意により、第6回国際将棋フォーラム国際トーナメントの棋譜のコピーをいただきました。既に昨年、準決勝と決勝の棋譜を公開していますが、このエントリでは予選1回戦の棋譜を公開します。外国人プレーヤーがどのくらい指すのかお確かめください。(当日の採譜のボランティア人員が十分ではなく全対局の棋譜は必ずしも残されていませんのでご了承ください)

予選1回戦

先手(勝) 粟野 利夫(日本) 後手 ピーター・ハイネ・ニールセン(デンマーク)

 -先手の四間飛車から相穴熊に。先手は角銀交換の駒損ながら、「固い・攻めてる・切れない」の形をつくり快勝。穴熊の経験値の差が出たか。

先手(勝) アラン・ベーカー(アメリカ) 後手 ウーター・ド・ハース(オランダ)

 -米国チャンピオン経験者とヨーロッパチャンピオン経験者の対戦。先手の中飛車に後手は天守閣囲いで対抗。1筋の突き合いがなかったのを利して先手がうまく角をさばき、後手も反撃してきわどくなったもののベーカーさんが一手勝ち。

先手 エルデニバートル・ゲンデン(モンゴル) 後手(勝) ジョージ・フェルナンデス

 -先手居飛車対後手四間飛車。先手は二枚銀を操出して引き角にし、うまく飛車先を突破も後手は馬をつくって先手玉のこびんを厳しく反撃。耐え切れずに後手が勝利。

先手(勝) 顧 冠鳴(コ・ガンミン 中国) 後手 スティーブン・ケイン(英国)

 -先手5筋位取り中飛車。中盤に先手が飛車を成りこむ展開となり、その後も手堅い差し回して先手快勝。

先手(勝) セルゲイ・コルチツキィ(ベラルーシ) 後手 アルテム・コロミエッツ(ウクライナ)

 -ヨーロッパチャンピオン経験者同士の対戦。角換わりから後手が向かい飛車に。先手が打った筋違い角がよく働き、2三にできたと金が中央の銀と交換になって先手が制勝。

先手 ロイ・イータック(マレーシア) 後手(勝) ジャン・ドツェカル(チェコ)

 -相振り飛車からドツェカルさんの飛車が十字に活躍し快勝。

先手 ミハル・モラフチーク 後手(勝) アンドレアス・カプスナー 

 -モラフチークさんが痛恨の見落としで急転直下の終結

先手 ポムモンコン・ポムピチットワタナキット(タイ) 後手(勝) ジョナタン・ルイス・ラサロ(スペイン) -先手三間飛車に後手が舟囲いから先手の美濃が出来上がる前に急戦の仕掛け。先手が一方的に飛車を成れたが意外に攻め手がなく、最後は秒に追われたか痛恨の王手飛車の見落とし。

先手(勝) カロリーナ・スティチンスカ(ポーランド) 後手 大熊豊(ブラジル)

 -後手の変則的な駒組みに幻惑されず先手は中飛車から高美濃に組み上げ、うまく桂得をはたし、自陣に打ったその桂馬が2段跳ねの活躍で制勝。

ブラジリアの江越さんと千駄ヶ谷で情報交換

 9日に千駄ヶ谷で、ブラジリアで将棋を普及している江越さんと、当会理事の松岡、小針、寺尾と会員の高村さんが会い、情報交換を行いました。江越さんは昨年の12月の将棋国際フォーラムを機会に来日し、1か月ほど日本に滞在していたものです。

20150118_mregoshi1

 100円ショップのダイソーで買い求めた駒を5セット寄贈しました。最近はダイソーの店舗に将棋の駒が置いてあったりなかったりで手に入れるのが簡単ではないですが、この時に間に合ってよかったです。

在メキシコ日本大使館でメキシコ人の将棋の会合

 当会の理事で、在メキシコ大使の山田彰より、メキシコの第1回(?)のSHOGI MEXICOの会合が3日に行われ、そのときの様子が写真とともに届きましたので、お伝えします。SHOGI MEXICO は Facebook 上の趣味のグループでしたが、この会合をきっかけに直接メキシコでも将棋ファンが顔を合わせる機会が増えそうです。最近では、外国で将棋に興味をもつ人が、国や言語毎に Facebook 上にグループをつくるケースが増加しています。

20150118_mx_shogi1

1月3日、SHOGI MEXICOの第1回?会合を大使公邸で開催しました。
メキシコ自治大学数学科教授のカマッチョさん、

国際将棋フォーラムにメキシコ代表として参加したアギーレさん、クエルナバカ大学からやってきてくれたデロヤさん(Facebook上はマルティネス・ペペさん)の3人が来てくれました。
メキシコでどうやって将棋を普及していくかを議論し、そのあとは公邸料理人の野原さんも交じって将棋を指しました。
SHOGI MEXICOは、ネット上の集まりのようで、彼らがリアルに集まるのはほとんど初めてだったようです。
国際将棋フォーラムのメキシコ代表を決めるリーグ戦を81dojoで行った由。

20150118_mx_shogi2

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード