« 2013年12月 | メイン | 2014年4月 »

2014年1月

2014年1月19日 (日)

昨年11月の北京の日中国際交流子供将棋大会について

 昨年の11月23日に北京日本人学校で開催された日中国際交流子供将棋大会を訪れた森本理事のレポートと大会の様子の写真をお届けします。

Imgp1287

 第17回日中国際交流子供将棋大会が1123日(土)北京日本人学校にて開催されました。北京在住の子供たち日本人36名、中国人36名合計72名が参加し、年齢別に8名ずつ

9組に分かれてトーナメント形式の交流試合を行いました。一手20秒以内で指し(時計は使わないが20秒で指すという申し合わせ)、25分経過して勝負がつかない場合は、判定を行いました。8名によるトーナメントなので3勝すれば優勝です。

今回は日本将棋連盟の早水千紗女流三段がボランティアとして参加し、審判長を引き受けて下さいました。早水さんは試合前のスピーチを要請されたのに応じて、通訳を介さず、日本語と中国語の両国語で将棋の上達方法や「礼に始まり礼に終わる」将棋の良さなどを話して下さいました。北京の子供たちは早水さんのスピーチを忘れないことでしょう。

閉会時には李民生先生がスピーチをされ、この大会を18,19,20回と継続して発展させて行きたいと述べられました。

大会の成績は三位以上入賞者の人数で言うと中国側が6割から7割を占めて優勢でした。

成績優秀者への賞品及び参加賞として以下のもの提供しました。ご協力ありがとうございました。

提供品:

青野九段ご提供のサイン入り著書「手筋事典」14

扇子9

次の一手・詰将棋等小冊子約100

ISPS理事

森本幸男

Imgp1331

Imgp1352

Imgp1362

Imgp1442

Imgp1461

2014年1月18日 (土)

バンクーバーの将棋クラブが再開

 1月X日に、カナダのバンクーバーで、将棋クラブが再開しました。バンクーバーに将棋クラブができたのは1968年と古いのですが、近年は活動が鈍くなっていました。この1月から定期的に集まりを開いていきます。Facebook や Twitter を利用して活発な情報発信もしています。

 また、今後4年の計画として、バンクーバーだけではなく、トロントやモントリオールなど他の都市にも将棋クラブを発足させ、カナダ将棋協会を復活させ、2017年の国際将棋フォーラム参加を目指すとしています。

     将棋を世界に広める会は、会員の HIDETCHI さんが YouTube で公開している How to Play Shogi の Lesson 1 から Lesson 40 までの動画ファイルをファイル転送サービスでバンクーバ将棋クラブ代表の Devon Smith さんに送りました。インターネットにつながらない環境でプロジェクターを使った将棋の説明を行ったり、クラブで将棋を覚えたてのメンバーにファイルをコピーして渡すなどの使い方をしてくれるのを期待しています。

    羽生三冠とベラルーシのアマとの平手戦の棋譜

     羽生三冠は昨年末から年初にかけポーランとのクラコフで開かれたチェスの大会に参加していましたが、チェスの合間に時間が取れたのか、併設されていた将棋の大会の選手と声を交わすだけでなく、将棋の対局(非公式戦)も行いました。ベラルーシから参加をしていたVladislav Zakrzhevsky さんが羽生三冠と対局を行った棋譜がベラルーシ将棋協会のホームページに載っていて再生画面で再生可能になっています。

    最近のトラックバック

    Powered by Six Apart

    Google Analytics

    • トラッキングコード