« 2009年12月 | メイン | 2010年3月 »

2010年2月

2010年2月22日 (月)

会員の皆さまへ - 「かけはし」49号をお送りしました

 会員の皆さまへのお知らせです。機関誌「かけはし」49号を20日にお送りしましたのでお受け取りください。49号の内容は以下になります。

第10回通常総会のお知らせ

特別第1号議案 定款の変更

第1号議案 2009年度 事業報告

第2号議案 2010年度 事業計画

第3号議案 2010年度 役員名簿

人物紹介コーナー

「ニューヨーク 第3回将棋国際大会」の報告

「着実に進むフランスの将棋普及」

「ISPSインフォメーション」

「編集後記」

中国国際放送局の記事 - 「春節の龍譚湖公園 今年も日本将棋で対局」

 2月19日付けで、中国国際放送局の日本語部の「春節の龍譚湖公園 今年も日本将棋で対局」という記事が出ました。私費で北京へ渡航し龍譚湖公園の将棋イベントにアテンドした当会の袴田理事も取材を受けています。

「かけはし」メールマガジン2010年2月号を配信しました

 「かけはし」メールマガジン2010年2月号を昨晩に配信しました。配信したメールマガジンは以下のページでも読むことができます。

「かけはし」メールマガジン(将棋を世界に広める会) [まぐまぐ!]

<目次>
===================
▲将棋を世界に広める会からのお知らせ▼
===================

1.3月20日に将棋を世界に広める会の定例総会を行います
2.小針理事と袴田理事が中国を訪問
3.モンゴルのウランバートルで第3回の将棋大会が行われました
4.コートジボアールの動き
5.上海の許建東先生が来日予定
6.会員のインターネット上での将棋を広める活動

===========
▲世界の将棋ニュース▼
===========
1. 2月5日に上海で行われた棋王戦の中国語報道
2.”西洋風駒”による英語の将棋の入門ビデオ
3.今年の夏のヨーロッパ将棋選手権戦の開催国が決まる
4.各地の集まりの結果、予定など
5. 前号以降の PlayOK公式将棋トーナメントの優勝者

2010年2月18日 (木)

コートジボアールから届いたメールと写真

 2月11日に、コートジボアールに設立された将棋普及団体の代表者の Lionnel Kousaiさんからメールと写真が届きましたので紹介いたします。メールは英語でしたので翻訳してみます。

 先日行った、コートジボアールの西部の中心地の町ダロアで行った将棋の立ち上げの様子の写真をお送りします。ご支援ありがとうございます。共に将棋を広めていきましょう。YouTube にビデオを上げようとしたのですが、接続が悪く、また、このところコートジボアールでは電気の供給にトラブルもあって果たせていません。成功したらそのリンクをお知らせするつもりです。

以下が送られてきた写真です、サイズが小さかったので引き伸ばして載せますが、一枚目は人々が座っている前に将棋の盤駒が置かれています。おそらく、それを使って将棋の説明をしているところと思われます。二枚目は、学校の教室のようです。よく見ると、前の机にノート型のパソコンと将棋のセットらしきものが見えます。光っているのはプロジェクターを使って、将棋を説明しているからのようです。

Daloa2

Shogi_daloa1


 

2010年2月 2日 (火)

第3回モンゴル将棋大会開催

 第3回モンゴル将棋大会が先週末の1月30日と31日の二日間にかけて行われました。この将棋大会は、在モンゴル日本大使館のページでも告知をされていました。

1月30日、31日 第7回日本国大使杯囲碁選手権大会、第3回モンゴル将棋大会

 現地で将棋の普及にあたっている、トムルバートル・デレグさん、青山さんから、大会の結果、様子と写真をいただいていますので、紹介いたします。まずデレグさんのメールから。

Cimg1504

昨日(1月31日のこと)、「第7回日本国大使杯囲碁大会」と「第3回モンゴル将棋大会」が首都ウランバートルの第84小・中・高学校で行われました。大成功でした。囲碁大会には50人ぐらい参加しました。将棋大会には、Aリーグには28人、Bリーグには
39人が参加しました。AリーグにErdenebaatarさんが優勝しました。2位はBayarmaaという女の子でした。結構がんばりました。青山先生の弟子みたいで、注目を集めました。3位は去年の大会の優勝者でした。彼は、こんな競争になると思わなかった、次回は優勝します、とステージの上で宣言しました。

 城所日本国大使は8歳の男の子と将棋さしましたが負けました(大会じゃないです)。
Bリーグで84学校の男の子が優勝しました。両親たち、学生たち、関係者などたくさんの人に来てもらってとてもにぎやかでした。両リーグはスイス式でやりました。

 コンピュータの関係者など大会担当者が10何人でした。青山先生は審判長を勤めました。セレモニーの青山先生に学校から表彰状が送られました。青山先生の方から写真などは送られると思います。私も報告を続けます。

 これからAリーグの大会とか色々な大会の開催を考えていますが、昨日
大使に「こんなに盛り上がってきたので大使杯のことを考えましょう」と私が言ったら大使は満足そうに「はい、はい」とおっしゃいました。

これから囲碁、将棋と大会と活動は別々にして行きます。

とりあえず、以上ご報告まで。

トゥムルバートル

Cimg1506

続いて青山さんのメールからです。

第3回モンゴル将棋大会(2010.1.30-31) 結果(概要)

会場:第84学校(モンゴル・ウランバートル市バヤンズルフ地区)


参加者総数:63名(女性5名)
(内訳:小中学生47名(女性4名)、高校生5名(女性0名)、大学生3名(女性0名))

方式:中・上級者グループ(A)と初級者グループ(B)に分け、スイス式にて実施(7回戦)。持ち時間はなし。ただし、試合進行の関係上、40分を経過しても終わらない場合は一手30秒以内の秒読み。

入賞者名

Aグループ

1位 G.エルデネバートルさん(37歳、男性)7勝
2位 O.バイルマーさん(15歳、女性)6勝1敗
3位 T.バトボルドさん(20歳?、男性)5勝2敗(プレーオフ優勝)

Bグループ

1位 Ts.ダラムバザル君(12歳)6勝1敗(プレーオフ優勝)
2位 O.ビャンバジャルガル君(13歳)6勝1敗(プレーオフ2位)
3位 D.オチルバト君(13歳?)6勝1敗(プレーオフ3位)

Zurag_2

 将棋を世界に広める会では、正月休み明けに、モンゴルで将棋を普及しているトムルバートル・デレグさんに30セット、青山さんに20セットの駒を送っていました。多くのモンゴルの方が参加したこの大会に間に合ってよかったです。

「かけはし」メールマガジン2010年1月号を配信しました

 こちらでの連絡が遅くなりましたが、「かけはし」メールマガジン2009年1月号を1月17日に配信しました。配信したメールマガジンは以下のページでも読むことができます。

「かけはし」メールマガジン(将棋を世界に広める会) [まぐまぐ!]

<目次>
===================
▲将棋を世界に広める会からのお知らせ▼
===================
1.コートジボアールに将棋普及団体が設立
2.「ゲームの祭典」を訪問する北尾女流初段の通訳など手配
3.100円駒の頒布と寄贈
4.インターナショナル・インターンシップ・プログラムスという
団体が将棋を海外で紹介できる研修生を募集
5.会員によるインターネット上での普及活動
===========
▲世界の将棋ニュース▼
===========
1. 2月5日に上海で棋王戦
2.昨年末に公開された将棋のオープンソース
3.中国語字幕でドラマ「月下の棋士」がネット上に流れ
ているのを確認しました。
4.各地の集まりの結果、予定など

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード