韓国 Feed

将棋講座番組がハングル字幕でオンエア(第35号、2006年2月25日発行)

ソウルのブレインTVで日韓ペア将棋

 1月19日、ソウル中心部から電車で1時間弱ほど西南にある同局の会議室に、見慣れない日本人が集まっていた。ブレインTVは韓国将棋(チャンギ)協会の朴光燮(パク・カンソプ)さんが立ち上げたチャンギ専門のケーブルテレビ。集まっていたのは、所司七段、藤森女流棋士会会長、山田女流三段、矢内女流名人、中倉宏美女流初段という面々。(寺尾 学

続きを読む »

「四月の雪」にしてはならない(34号,12月17日発行)

韓国での将棋の今、これから

 2005年9月。ソウル市内の映画館には、あのペ・ヨンジュンとソイ・イェジン主演の映画の垂れ幕がかかっていた。日本でのタイトルは「四月の雪」。美しく切ない男と女の叶わぬ愛を描いた映画だ。“どんなに舞い降りても積もることのない四月の雪のように……”。そんなコピーが頭をよぎった。
 韓国の地で、将棋は「四月の雪」になっていないか……。ぼくは、大きな垂れ幕を見上げながら、そんな心配をしていたのだった。(川北亮司

続きを読む »

会員のお便り(30号,2004.12.18発行)

 8月19日に韓国将棋(チャンギ)協会を、日本人エスペランティストの友人と韓国のLee-Jung-kee先生(かけはし27号の上田友彦さんの記事参照)との三人で訪問いたしました。(波多野 元 - 北九州市立大学将棋部(北将会)同窓会長)

続きを読む »

竜王戦ソウル対局観戦ツアーに参加して(30号,2004.12.18発行)

 第17期竜王戦第1局は、10月19日、20日の両日ソウル新羅(シイラ)ホテルで対局が行なわれ、前夜祭が前日(18日)の18時から、同じホテルで開催された。
 読売旅行社の観戦ツアーがあるという話を耳にして、単独で参加した。
 韓国には職場の旅行と、将棋を世界に広める会の日韓交流会に参加したことがあり、今回が3回目。(<b>細根雄治</b>)

続きを読む »

第二回日韓将棋チャンギ交流会開催(29号、2004.9.18)

 8月18日より21日まで、第2回日韓将棋チャンギ交流会(主催:将棋を世界に広める会、韓国将棋協会 後援:外務省、日本将棋連盟、(株)サテライトカルチャージャパン 協賛:(株)御蔵、NECフィールディング(株)、読売新聞文化部)に招待された韓国の小学生二人と、付き添いの校長先生2人、および韓国チャンギ協会のワールド将棋の南さんの5名が来日し、19日の朝10時40分から東京飯田橋の東京ボランティアセンターで行われた交流会に参加した。(寺尾学

続きを読む »

第二回日韓将棋チャンギ交流会実施報告とこれからの問題点

 第二回日韓将棋チャンギ交流会は別項のように計画通り実施しました。(眞田尚裕

続きを読む »

ソウルフル IN ソウル(27号、2004.3.1)

1 予想外な序盤
 第2期日本将棋指導者養成所の講師を引き受け、ソウルに着いたのは1月25日。気温はマイナス10度。予想通り寒い。だが実は、予想通りは気温だけだった。韓国将棋(チャンギ)協会が用意してくれた宿泊先は、なんと温泉マーク付きホテル。協会の財政状況は薄々知っていたが、まさかの激安モーテル。(川北亮司)

続きを読む »

日本将棋指導者養成所に派遣されて(27号、2004.3.1)

『かけはし』26号(2003-12-20発行)で眞田理事長が「ISPS夢と計画」の中で述べられていたことの一部が早くも実現しました。(上田友彦)

続きを読む »

「日韓将棋チャンギ交流大会」実施報告と今後の夢(26号、2003.12.20)

 かけはし24号でお知らせした日韓の交流大会を実施しました。(眞田尚裕

続きを読む »

韓国のかけはし(26号、2003.12.20)

 旅の前、JTBから送ってきたガイドブックの中の、1行に目が止まった。
 日本語カフェ「カケハシ」とある。場所は延世大学のある街、新村(シンチョン)だ。旅の日程を見ると、三日目が自由観光とあるから、このときにでも行ってみようと思った。(湯川博士)

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード