コラム「夢と計画」 Feed

夢から現実へ(48号、2009年11月22日発行)

 日本の将棋を世界中に広めたいと言う夢をもって活動を始めたのは1995年のことで、もう15年も経っています。

 そのころは、将棋を知っている外国人は、ごく少数でした。「世界に広める」などと言えば大風呂敷だと思われていました。

 ところが今、全世界ではかなりの数の人たちが将棋を指しています。上海などでは、学校の正課に取り入れられているところが少なくないと言いますから、自分ではうまく出来なくても、日本の将棋を知っていると言う人を含めれば何十万と言う数になっています。われわれの会が手を差し伸べなくても、どんどん増加しています。特にここ一、二年の間のインターネットの発達とそれに伴って進歩した将棋ソフトの充実によって今では実に多くの人達が、世界で将棋を指すようになったのです。そしてこの傾向はますます盛んになっています。わざわざ中国から小学生を招かなくても、ウクライナへ会員が行かなくても、コンピュータを使って将棋が出来るようになってきました。

 とは言え、世界は広いので、まだ将棋のショの字も知らない国は沢山あります。特に戦争をしている所など、将棋どころではないといった国では、まだ将棋は指せていません。世界中の人が仲良く将棋盤を挟んで将棋を楽しむと言うのは、この先何年か何十年かが必要でしょう。

 又その実力が日本のプロ並みになるのはまだ先のことです。奨励会入会の外国人第一号は中国人だろうといわれていますが、今のところ毎年続けて試験を受けてはいますがまだ受かってはいません。アマ有段者クラスは今でもいるのですが、まだプロの卵もいません。そこまで行かなくてもいいというなら、それでもいいのですが、コンピュータに鍛えられたプロが出来るのも夢ではないかもしれません。大相撲のように外国人力士ばかりが強くなってはどうも面白くないと言った考え方もあるでしょうが、いまのところまだ日本のプロを負かす強い外国人は出そうにありません。

 もつと世の中が進めば日本人とか外国人とか言わずに一つの世界になるかも知れません。

 われわれの会は、これから将棋を覚えようという外国人に手ほどきをするということを中心にこの先もやっていったらよいと思っています。(眞田尚裕)

こういうことはできそうですね(47号、2009年7月26日発行)

 「将棋を世界に広める会」が世界の将棋ファンに呼びかけます。
「日本の将棋のプロに、インターネットを通じ将棋の指導を受けたい人、手を上げてください」
 将棋をこれから初めたい人や、まだあまり上手でない人は、別に方法を考えます。少し強くなった人が対象です。とても沢山の手が挙がったら、整理の方法を考えますが、「将棋を世界に広める会」が受けて、日本将棋連盟へ適当な先生をお願いします。原則無料です。
 そうすれば地球の反対側に住んでいる人でも、日本の将棋のプロの指導を受けることが出来ます。インターネットで相手を探して将棋を指すことは、これからますます簡単にできるようになりますが、日本のプロと対局し指導を受けることはそう簡単には出来ないでしょう。しかしこのやり方なら,きっとうまくゆきます。
 まだ、思いつきの段階ですが、それならこうやればよいとかご意見のある方、教えてください。
 将棋の場合、覚えて、興味を持って、強くなって来て、更に面白くなって上を目指すと言うまでには時間がかかります。普及の目標を二段階ぐらいに分けて、これぐらいまでは指せるというところまで支援する必要があります。また、何人かの人たちが将棋が出来るようになればいいのでしょうか。一人でも強い人が出ればよいのでしょうか。
 今、将棋の世界普及を志している者はISPSだけではありません。連盟もやっています。まったくの個人がやっている場合もあります。が、それが個々に働いているのです。
 ISPSがしっかりと戦略を立て、連盟や他の同士も巻き込んで、将棋の世界普及をやり遂げる時がきているのです。(眞田尚裕

ISPSの戦略について(45号、2008年11月22日発行)

 今まで「将棋を世界に広める」と言っても、どこの国へ、いつまでに、どれくらい、将棋が広まればよいか、と言うことがはっきりしていませんでした。つまり、明確な戦略がなしで、とりあえずやってみようと言う姿勢だったわけです。(眞田尚裕

続きを読む »

インターネット利用への舵取り(43号,2008年2月16日)

 ISPSでは今まで北京、上海、韓国、ロシア、フィンランド、ウクライナ、フランス等と、会員が行ったり人を呼んだりして将棋を広めてきました。(眞田尚裕

続きを読む »

会の目標について考えていること(42号、2007年12月22日発行)

会員の方の提言を受けて

 かけはし41号の私の「会員を増やそう」の記事について、会員の高島俊洋さんから「活動の目的がつかめない」など5つの項目にわたって提言を頂きました。有難うございました。
 直接答えにはなっていないかも知れませんが、今考えていることを二つ述べます。(眞田尚裕

続きを読む »

会員を増やそう(41号、2007年9月22日発行)

 現在ISPSのメンバー数は減少傾向であります。これは日々の増員に対する努力より、
自然減のほうが多いということです。公称260と言っていますが、実際はもう少し少なくなっています。このままで行くと会費ではかけはしの費用がやっと、ということになりかねません。(眞田尚裕

続きを読む »

外国人のための将棋学校 その4(40号、2007年6月16日発行)

 先日、寺尾理事がインターネットを使って、今年の2月に設立されたモンゴル将棋協会のバーターさんと将棋を指しました。Kurnikという対局サイトで言語は、英語です。チャットを使って言葉のやり取りもでき,自動的に棋譜が残る仕組みになっています。あじゃ盤というのも使いました。これは、慶応大学SFCの学生さんがつくったアプリケーションで、解説用の大盤が無料でネットで使えるようになったものといっていいでしょう。実際の大盤は数万円はするものですから、海外の人とネット上で一緒に同時に使えるあじゃ盤ができたのは画期的です。(眞田尚裕

続きを読む »

外国人のための将棋学校 その3(39号、2007年2月10日発行)

 かけはし35号に書いた「外国人のための将棋教室その2」を少し訂正します。
コンピュターによるISPS将棋教室を(1)入門編、(2)戦術編、(3)上級編に分けます。(1)と(2)は無料とします。(3)についてはどうするか未定です。(眞田尚裕)

続きを読む »

カンヌ・ゲームの祭典ツアー8日間(38号、2006年12月16日発行)

 ゲームの祭典へ将棋が初めて加わったと言うことで、「将棋を世界に広める会」では05年の2月に二人の会員をカンヌへ派遣しました。現地ではフランス将棋連盟の方々が一生懸命に将棋の普及に努力をしています。チェス,碁、オセロ、トランプ等々ゲーム好きの人々が大勢集るこのゲームの祭典は、フランスで将棋を普及する絶好の場所です。(眞田 尚裕

続きを読む »

ウクライナ学童将棋交流会実施報告(37号、2006年9月23日発行)

 ウクライナの学童3名と先生1名を日本へ招聘することが出来ました。(眞田尚裕

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード