東欧(ウクライナなど) Feed

ISPSインフォメーション(46号、2009年2月28日発行)

*ロシア・ベラルーシ・ウクライナとの懇親会開催

  山形の天童市で開催された「国際将棋フェスティバル2008」に参加した、ロシア・ベラルーシ・ウクライナからの参加者と旧交を温めるため、平成20年11月10日、東京六本木の「ミンスクの台所」に於いて、レセプションを開催。

続きを読む »

PlayOK で最大の将棋トーナメント - 世界の将棋情報アラカルト(46号、2009年2月28日発行)

 将棋も指せるポーランドのゲームサイトの PlayOK.com で、2008年12月20日に、同サイト始まって以来、将棋では最大の人数となる33人が参加したトーナメントが行われた。優勝は6戦全勝のrex15さん(ロシア語圏から参加)。

続きを読む »

ウクライナ学童将棋交流会実施報告(37号、2006年9月23日発行)

 ウクライナの学童3名と先生1名を日本へ招聘することが出来ました。(眞田尚裕

続きを読む »

ウクライナからの来日手続き苦労話など(37号、2006年9月23日発行)

メール連絡、通訳手配を担当して
 ウクライナを含む旧共産圏の人達は日本に招待される場合、その招待状を基に日本への入国ビザを取らねばなりません。ちょうど9年前に中国から将棋の子供達を招いた場合もそうでしたが、それには外務省の指定する一定の書式があって亡命されたり不法滞在されたりしないようにと、招待する側が保証する項目が沢山ありました。(鈴木良尚

続きを読む »

ウクライナの学童招待を実施(37号、2006年9月23日発行)

将棋指導者と子ども三人が来日
 昨年【平成17年】ISPSは創立10周年記念事業として、ウクライナへ将棋の旅を実施しましたが、そこで我々が目にしたのは、リフネの少年宮に集まった多くの金髪の少年少女たちが漢字の駒を苦にもせずにパチリパチリとやっている姿でした。当日はロシアやベラル−シから、旧ソ連圏の強豪達も勢ぞろいして、ロシア語のホ−ムペ−ジや棋書の翻訳を通じて将棋が現地で普及している状況が分かりました。リフネには、将棋を学んでいる生徒がいて、これを教えている先生がいる、こうしてまかれた将棋の種を大切に育てていかなくてはならないと感じた次第です。(宇都宮靖彦

続きを読む »

ウクライナの学童を日本に招待(36号,6月17日発行)

 かけはし34号で描いた夢が実現しそうです。(眞田尚裕

続きを読む »

ウクライナからの将棋賛歌(36号,6月17日発行)

                                アルテム・コロミエツ(キエフ在住)

 ウクライナでチェスのトレーナーを職業としているコロミエツさんのメールの中に、「将棋をやればチェスが強くなる。チェスをやれば将棋が強くなる。」という言葉がありました。
 これだ!と思いました。将棋の普及には、世界中にいるチェスの愛好家を取り込むことが、きわめて有力な手段だからです。そこで、昨年ウクライナを訪問した際に、上述の言葉を入れて、将棋とチェスの比較や、どのように将棋を学んでいるかについての寄稿を頼み、快諾を得ました。ロシア語の原文を、鈴木副理事長を通じてモスクワのキスリウクさんに英訳してもらい、それを訳しました。
コロミエツさんは、日本将棋連盟の招待を受け、アマ竜王戦に参加される予定です。(
訳者:池谷孰

続きを読む »

理事派遣と学童招待(34号,12月17日発行)

平成18年度の2つの計画

(1) 「カンヌのゲーム祭典へ理事を派遣」
 フランスのカンヌで行われるゲームの祭典に今年から将棋が加わります。フランス将棋協会のエリック・シェイモルさんが中心となって準備が進んでいます。

続きを読む »

Kurnik.orgに将棋が加わる(34号,12月17日発行)

ポーランドの将棋普及はネットが先行

 またもや外国のゲームサイトで将棋ができるところが増えた。今回はポーランドのMarek Futregaさんが開発しているゲームサイトのKurnik.org について紹介する。(寺尾 学

続きを読む »

ベラルーシ将棋協会のホームページが元気な理由(33号,9月17日発行)

 今回、ウクライナの将棋交流の旅に参加するにあたり、ウクライナの将棋ファンや、普及に尽力している少年宮の関係者に会うのはもちろんだが、もうひとつ楽しみにしていたことがあった。それは、ウクライナの北の隣国、ベラルーシの将棋協会のメンバーがやってきて、彼らと話ができることだった。(寺尾学

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード