北米 Feed

ニューヨーク第3回将棋大会の報告(49号、2010年2月20日発行)

 2008年11月天童の国際フェステイバルにはじまり、2009年8月の上海、そして11月のニューヨークとここのところ国際化をうたった将棋大会が連 続して開催されました。またLadies Holly Cup の決勝戦が11月5日に上海の「花園飯店」でおこなわれました。こうした国際化の流れは偶然とは言えず、最近の将棋界の動向を踏まえたものと思われます。
 いずれにせよこうした情勢をISPSの立場から、この目で確かめたかった私は、11月13日全日空機でニューヨークへ向かいました(宇都宮靖彦

続きを読む »

Game CourierでShogiを指す(30号,2004.12.18発行)

 インターネットを使って、海外の方と将棋を指す方法について、リアルタイム対局ができる将棋倶楽部24と、Eメールで対局ができる Richard's PBeM server を過去のかけはしで紹介した。(寺尾 学

続きを読む »

素晴らしき世界大会参加レポート(14号,2000.12.25)

 2000年の将棋世界チャンピオンシップが行われました。たいへんな成功で私が今までに参加したトーナメントでは最高のものでした。

 *最高の受付
 私が金曜日に到着したとき、主催者の増井さん、井上さん、荻原さんの3人から大変丁寧なあいさつがありました。またそのときに、”合衆国中西部チャンピオン”と名入れしたバッジをもらい、うれしく思った反面、私の棋力は二段なので大丈夫だろうかと心配にもなりました。(Doug Dysart, Ohio Shogi Club Founder 翻訳 かけはし編集部)

続きを読む »

ニューヨーク第一回将棋世界大会レポート(13号、2000.9.15)

 今年5月にニューヨークで行われた第1回将棋大会は、大成功のうちに幕を閉じた。世界各国の予選優勝者を大会側が渡航費用をもって招待し、各レベルの入賞者に多額の賞金を出すというこの世界大会は、日本を除く全世界のアマ最強者を決定するというのがそもそもの趣旨であったが、最終的にはそれ以上の結果を生んだ。(荻原茂孝、ニューヨーク将棋クラブ幹事・将棋世界大会運営委員長)

続きを読む »

ワシントン将棋クラブと国際化(3号、1996.11.1)

「日本将棋のどこが面白いのか」
「取った駒が、そのままのグレード(階級)で使える事。それにプロモーション(成駒)だ。チェスより、かなり複雑だ。」
「メンバーにはチェスをやっていた者が多いのか。」
「全員がそうだ。それより一つ教えて欲しい。取った駒が再使用出来るのは日本将棋だけだが、どうして、そのようなルールになったのか。」
東京新聞編集委員 林茂雄(現名古屋外国語大学教授 - Webmaster 註))

続きを読む »

ワシントンDC将棋クラブ(2号、1996.7.7)

燃える東海岸
 ニューヨーク(以下NY)、ワシントンDC(以下DC)、フロリダと言うとアメリカ東海岸の有名都市ですが、これらは将棋が強いプレイヤーが揃っている都市でもあります。(編集長 山田禎一)

続きを読む »

西海岸で出会った将棋(2号、1996.7.7)

忘れえぬ局面

後手:藤本信義
先手:Mr.Jeff Mollett
33手目 先手8六歩まで
33moves.gif
「ううむ、これは困ったことになったぞ。」図の局面を前に、私は考え込んでしまいました。
宇宙開発事業団 藤本信義

続きを読む »

海外で将棋を指そう!(2号、1996.7.7)

 今年の5月、休暇を取って個人旅行でアメリカに行って来ました。2週間という短めの間にアトランタ、ワシントンDC、シンシナティの3ヶ所を廻り、現地の方と将棋を指して来ました。もちろん、日本将棋です。(山田禎一)

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード