中国・香港・台湾 Feed

『北京天田杯』開催!(15号、2001.3.15)

 約3年前、将棋の雑誌で中国、とくに北京と上海で日本の将棋が流行していることを知りました。私は職業柄、中国には毎年5~6回は出張していますが,訪問地のほとんどは北京と上海です。
 2年前のこと、北京の宗文区の少年宮で子供達が日本将棋を学んでいることを耳にしました。場所は私が勤めている、㈱アマダと同じく北京市の「北京天田」と言う現地法人から徒歩10分のところです。

続きを読む »

中国の少年強豪活躍!(13号、2004.9.15)

 今年は中国上海から、2回も来日した。一度目は熊本県玉名市で開催された、全国将棋寺子屋(講師・米長邦雄棋聖)に上海から高校生が3人招待され、講師の平手多面指しに一局勝利をあげた。また、中学選手権の東京予選には3人の少年(顧冠鳴、陶季銘、沈珂軼)が参加、顧君と陶君が予選通過した。また松坂屋の少年大会では、沈君がベスト16と活躍した。(編集室

続きを読む »

上海少年の将棋〜辛抱力をつけるには〜(12号、2000.4.24)

 二回目の中国訪問は、中国最大の商業都市上海である。一回目の北京が京都なら、上海は東京といってもいいくらい、経済的に発展した大きな街である。ここで日本将棋学校が設立されたため、日本人の将棋好きが立ち寄る機会が増えたという。
 我々も二日間、こどもたちと将棋を指し、層の厚さや強さを感じ、許さんはじめ将棋普及者たちの努力に感心した。(湯川博士)

続きを読む »

上海は四間飛車(12号、2000.4.24)

 昨年の北京に続き、今年は上海に行って来ました。
 原田九段を団長に約三十名。
 真田代表をはじめ皆様方には大変お世話様になり、有り難うございました。(西勇

続きを読む »

北京の中学生、滞在日記(11号,1999.11.16)

8月5日
成田空港到着(UA852)予定時刻14:55、約30分遅延。京成電車にて東京へ。初めて来日した唐先生は、窓外の風景を眺めて2階建ての家ばかりある、と妙なところに感心している。それに緑が多い、と我々にとっては意外なご感想。ホテルは水道橋の日中友好会館に隣接する後楽賓館、ここは中国人の場合特別優待価格で宿泊できる。(鈴木良尚)

続きを読む »

上海市将棋学校リポート(増刊号,1999.8.1)

 シャンチーという自国の棋類をもっている中国の上海で、おそらく中国史上初の中国人による日本将棋の学校になるであろう上海市将棋学校が本年7月9日に開校した。現地へ飛んで開校式典に参加したので、その模様について報告する。(寺尾学)

続きを読む »

北京・少年宮−その後(ISPS訪中団フォローアップ)(10号,1999.6.2)

 2月上旬、中国のWTO加盟問題に関する協議のため、上海と北京を訪問する機会があった。私は、昨年11月の将棋を世界に広める会(ISPS)の訪中に参加できなかったことを大変残念に思っていたのだが、今回の訪問で、是非少年宮を訪問してその後のフォローアップを行おうと考えた。幸い、出張は週末をはさんでいたので、2月7日(日)の午前中に北京の少年宮を訪ねることができた。(山田彰(外務省勤務))

続きを読む »

北京ツア−メモリ−(9号,1998.12.31)

 少年宮の小中学生との対戦は、子供達50名に、我々会員15名プラス原田九段という組み合わせ。数の関係上、当然2面指しや3面指しを行うことになり、それでも子供達がまだ余っていて、1局終わると直ぐ次の子供が交代で入って来る。終わりそうな対局を見張っていてその直ぐ後ろで待っていたり、或いは、あっ、あそこが空いたと気が付いてすっ飛んで来るというわけだから、全くトイレに行くヒマも無いほど忙しい。(鈴木良尚

続きを読む »

北京滞在日記(9号、1998.12.31)

  去年北京少年宮の子供達を日本に招待した時から、こちらからの北京訪問が懸案事項だった。少年宮という制度にも興味があったし、そこでの将棋教室の様子も見たかった。短い時間とはいえ、日本で積んだ研修がどのように実を結んだかも確認しておきたかった。(山田禎一

続きを読む »

4回目の中国訪問(7号,1998.5.1)

 去年の10月初めに将棋交流を目的に中国を訪問しました。この時期、中国では中国象棋の全国個人戦が開催されます。それに合わせて訪中し、中国全土から集まってくる選手たちに日本将棋を紹介して相互交流を図ろうという訳です。(所司和晴六段(談))

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード