中国・香港・台湾 Feed

東京北京交流戦 2002年北京ツアー(21号、2002.9.14)

第2回東京北京小学生将棋交流大会北京訪問記録
7月23日(火)
 8:30成田第2空港ターミナル集合。時間切れ負けの方は一人も出ず、無事集合。小学生選手12名、日本将棋連盟8段佐伯先生、おじいちゃん2名・おばあちゃん1名を含む父兄11名、小学生選手の弟さん1名,ISPS会員・役員8名の構成。それにJTB添乗員の梅原さん。一行34名。
 11:48中国東方航空で出発、現地時間1:50北京到着。3:30JTB手配の通訳2名付きのバスで空港出発。紫禁城裏手にある景山公園散策後、宿泊ホテルの前門建国飯店に到着。顔なじみの崇文区少年宮王・李・袁先生の出迎えを受ける。
(池谷 孰) 

続きを読む »

植山、野月プロが出席(21号、2002.9.14)

推進の会とは 

 8月17日(土)の定例理事会に、プロ棋士お二人が参加した。
 将棋普及推進の会の発起人、植山六段と野月五段である。同会はプロ棋士有志が将棋普及のために立ち上がったもので、会員は女流、引退棋士も含めて約60人いるという。(湯川博士)

続きを読む »

東京・北京小学生将棋交流大会予選(20号、2002.6.30)

【主催】将棋を世界に広める会、北京市崇文区少年宮。 【後援】外務省、東京都、NHK、日本将棋連盟、囲碁将棋チャンネル、北京市国際友好協会、中国棋院、北京棋院。 【協賛】㈱御蔵、㈱アマダ。 (山田彰)

続きを読む »

将棋指導者海外派遣制度の夢 実現への努力(19号、2002.3.1)

 かけはし16号の「ISPS夢と計画」欄で書きました指導者海外派遣の夢を、今年をスタートの年として、実現させたいと思っています。(眞田尚裕)

続きを読む »

第2回東京・北京小学生将棋交流大会(18号、2001.12.20)

「夢」実現のための計画
 7月に第1回の大会を開催した時点ではまだ第2回の具体的な計画はできていませんでした。第1回がうまく行けば、来年は何とかなるだろう。兎に角やりたい、是非やろう、と、こんな感じでした。去年の経験から大会までの準備期間が6ケ月以内では短いということがわかりましたので、今年は中国側ともよく打合せしながら基礎になる企画案をこしらえました。(眞田尚裕)

続きを読む »

東京北京小学生交流大会第2回大会を北京で開催する夢(2001.9.15)

 第二回大会を北京で開催する夢
 東京と北京の小学生の将棋交流会を、定期的に行おうという企画の第一回は、7月31日に、ほぼ計画どうりに実現されました。本号はその特集号としてかなり詳しく様子をお知らせすることができたと思います。(眞田尚裕)

続きを読む »

東京・北京小学生交流大会観戦記(17号、2001.9.30)

 7月31日午前10時を少し回った、東京飯田橋セントラル・プラザ10階の東京ボランティア市民活動センター会議室。日本と中国の両国の子供たち、原田九段、大野六段、北島五段のプロ棋士の方々、将棋を世界に広める会(ISPS)の理事他会員の皆さん。全員が揃って、小学生将棋交流大会が予定通り始まった時は、正直なところほっとした。(山田彰)

続きを読む »

東京・北京将棋交流大会!(16号、2001.7.18)

 将棋を世界に広める会は、これまでに中国における将棋普及のためにいろいろな支援を行ってきた。将棋を愛する中国の少年を日本に招待する企画もここ2年ほど実施してきたが、今年は7月31日に北京から中国の小学生8人を招いて第1回東京・北京小学生将棋交流大会を行うことを企画した。企画のコンセプトは「かけはし」の前号でも真田理事長が紹介しているとおりであるが、「第1回」と銘打ってあるように、姉妹都市である東京都と北京市の小学生が「定期的に」親善友好を図ることを目的としている。(山田彰)

続きを読む »

東京−北京小学生交流将棋大会を主催しよう(15号、2001.3.15)

 将棋が強くなった北京の小学生3名を『ISPS』が初めて日本へ招いたのは1997年です。そのころは一般の中国の人が、国外へ出るのは簡単なことではなかった様です。それ以来4年、北京から、そして上海から小中学生が数名ずつ、毎年何回か将棋を指すために来日しました。昨今では海外渡航規制もかなり緩和されたと聞いています。(眞田尚裕)

続きを読む »

第4回日中子供将棋大会(15号、2001.3.31)

 12月2日(土)13:00〜16:00、北京日本人学校内の会場にて『第4回日中子供将棋大会』が開催され、予選を通過した北京崇文区少年宮24名、北京日本人学校24名合計48名が参加しました。(森本幸男)

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード