一般・日本 Feed

「将棋の国際普及の根幹」をどうする(24号,2003.6.30)

 現在日本将棋連盟をはじめ非常に大勢のアマチュア将棋ファンが将棋の海外普及に情熱を注いで、外国人に将棋を教えています。ところが教える人が10人いれば教え方も10色あるのが現状です。一口に外国と言っても何百という国が現存するのですから相手が解かり易いように教えようとすればそれぞれに違ったやり方になるのは当然かも知れません。(眞田尚裕

続きを読む »

Internet Shogi Club(ISC):将棋倶楽部24ネット国際交流サークル(24号、2003.6.30)

 みなさん、こんにちわ。                   
 私は将棋を世界に広める会の会員ですが、昨年ロシアの人たち 数人とインターネット将棋道場 (将棋倶楽部24)で対局する機会があり、対局時にチャット機能を使って、日本語、英語まじりの会話を楽しみました。すると、観戦していたロシアの友人のまた友人がどんどん寄ってきて会話が盛り上がるんですよね。こんな経験を将棋倶楽部24でされているかたは他にも結構いっらしゃるのではないかと思います。昨年10月の国際将棋フォーラムをきっかけに、将棋倶楽部24で、外国の方と指してみたい、会話を楽しんで みたいという方を募集してみたところ、かなりの方からの反響が寄せられ、現在は24上のサークルとして活動するまでになりましたので、今日は主な活動内容について皆さんにご報告させていただきたいと思います。(庭田禎久

続きを読む »

インターネットのリアルタイム対局が海外の人との対局の主役に(24号、2003.6.30)

 従来、海外の人との対局は、海外に赴任している方は例外として、郵便将棋、電子メール将棋が主でした。しかし、インターネットの接続のブロードバンド化が進み、高速でかつ月額固定料金で使えるようになるにつれて、リアルタイムの対局サイトが海外の人との対局する方法として比重を増しています。(寺尾学)

続きを読む »

第2回国際フォーラム点描(22号、2002.12.21)

 10月18、19日の両日、東京都江東区のホテル・イースト21で第2回国際将棋フォーラムが開催された。前日の17日には前夜祭として国際交流パーティーが東京全日空ホテルで催された。国際将棋フォーラムの開催は、1999年6月の第1回以来3年振りで、今回のフォーラムのキャッチフレーズは、『将棋が結ぶ世界の「礼」「学」「技」「遊」』である。(山田彰)

続きを読む »

植山、野月プロが出席(21号、2002.9.14)

推進の会とは 

 8月17日(土)の定例理事会に、プロ棋士お二人が参加した。
 将棋普及推進の会の発起人、植山六段と野月五段である。同会はプロ棋士有志が将棋普及のために立ち上がったもので、会員は女流、引退棋士も含めて約60人いるという。(湯川博士)

続きを読む »

かまくら国際交流フェスティバル(18号、2001.12.20)

 秋晴れの11月11日に、鎌倉の高徳院(大仏様)の境内で「かまくら国際交流フェスティバル2001」が開催され、将棋を世界に広める会も参加した。このフェスティバルは、鎌倉市が主催するもので、国際協力や国際交流に関わる市民団体が集まって日ごろの活動などを大仏様に参詣に来る観光客や鎌倉市民にアピールするという趣旨の催しである。(山田彰

続きを読む »

将棋指導者海外派遣制度創設の夢(16号、2001.7.18)

 こんなことができるといいなあ、こんなものがあるといいのになあ、などと思うのが「夢」です。現実にはまだ何の形もありません。夢に描いたことを実現させる段取りの第一歩が計画です。
 将棋を世界に広める会(ISPS)のモットーは「夢はできるだけ大きく、やることは確実に一歩ずつ」です。(眞田尚裕)

続きを読む »

ISPSの夢と計画(14号、2000.12.15)

 この「かけはし」のなかに我々の夢と計画を語るページを設けました。当分の間、わたしが担当しますが、皆様の夢やご意見・ご要望などをお寄せいただければ幸いです。(眞田尚裕)

続きを読む »

第四回国際将棋交流会活況を呈す(14号、2000.12.25)

 10月22日の日曜日、千駄ヶ谷の社会教育館に於いて、在日外国人を招いての国際将棋交流会が開かれた。参加者は外国人 11名、「将棋を世界に広める会」の一般会員16名ほか理事会員 10人、それに北島五段、中井女流名人を迎えての総勢 40名弱にのぼった。
 受付を手伝って頂いたのは、新婚ほやほやの「かけはし」前編集長山田さんの奥様。また、スナック「京」と言えば新宿西口から10分、棋士の溜まり場の一つで鈴木大介 六段がこの店の方とゴールインしたという有名なエピソードを持つお店だが、そこのママである加藤仁羽子さんが一般会員として対局され、男性の多い会場に花を添えていただいたのはたいへんうれしかった。(鈴木良尚)

続きを読む »

国際普及の受け皿になろう

 会報「かけはし」のなかに我々の夢と計画を語るページを設けることにしました。当分の間、私が担当しますが、皆様のご意見ご希望などをお寄せ頂ければ幸いです。
 将棋を世界に広める会の当初からのモットーは「夢はできるだけ大きく、やることは確実に一歩一歩ずつ」です。(眞田尚裕)

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード