一般・日本 Feed

YouTube 上に現れた事実上の将棋学校(46号、2009年2月28日発行)

 2005年の9月に「かけはし」33号の「夢と計画」で眞田理事長が最初に構想を発表した、「外国人のための将棋学校」が、インターネット上の最大手の動 画共有サイト YouTube 上に事実上できてしまいました。YouTube というのは、放送免許を取得した事業者でない普通の個人であっても、自分が撮影して編集したビデオを無料で世界中の人に見てもらえるようにすることができるサイト、いいかえれば、個人でインターネット放送局を開局できてしまうすぐれもののことです。(寺尾学

続きを読む »

国際将棋フェスティバルの報告(46号、2009年2月28日発行)

 2008年の11月に国際将棋フェスティバルが山形県の天童で行われた。このイベントは、1999年から3年ごとに日本将棋連盟の主催で行われていた国際将棋フォーラムを発展させ、NHK「将棋の日」のイベントと合体させたものである。(寺尾学

続きを読む »

第2回 京都市国際交流会報告(46号、2009年2月28日発行)

 11月3日文化の日に昨年に引き続き京都市国際交流会館で2008オープンデーが催され、将棋コーナーは立派な庭付きの和風別館(17畳)を使用させてもらえることになりました。(大蔵康浩

続きを読む »

そのほか - 世界の将棋情報アラカルト(46号、2009年2月28日発行)

*棋譜診断ができるフリーウェアが登場

BCMShogi という、棋譜診断ができるフリーソフトが登場した。このソフトは、将棋倶楽部24や PlayOK などの対局サイトで指した自分の棋譜をダウンロードして、どこで形勢に差がついたか、などを後から解析できるソフトウェア。

続きを読む »

46号編集後記(46号、2009年2月28日発行)

 今回は、特集として、世界の将棋の研究者として著名であり、本会の会員でもあります、大阪商業大学アミューズメント産業研究所客員研究員 岡野伸氏にお願いし、寄稿して頂きました。著書は、「世界の将棋・古代から現代まで」「世界の主な将棋」「東洋の将棋」など多数に上ります。(松岡信行

続きを読む »

ISPS インフォメーション(45号、2008年11月22日発行)

* 日本将棋連盟の青野理事に、国際将棋フェスティバルで外国人記者の取材を提言

 5月8日に、眞田理事長、宇都宮、寺尾両理事が天童の国際将棋フェスティバルの責任者の日本将棋連盟の青野理事と会合し、日本滞在の外国人記者が天童での国際イベントを取材し、紙面やオンラインで各国語で国際将棋フェステバルの記事が載るように図るべきとの提言をおこなった。その後小針理事の手配により、中国の人民中国と光明日報の在京記者計2名の天童取材をアレンジした。ISPS は、記者1名分の天童往復交通費を負担する。

続きを読む »

海外の将棋情報アラカルト(45号、2008年11月22日発行)

* Shotest の XBox360 用が発売

 9月上旬に、マイクロソフトのゲーム機 Xbox360 用に Shotest Shogi という将棋ソフトが発売された。7ヶ国語(米仏独伊西中韓)対応。ルールや、定跡、手筋などのチュートリアルも用意されているので、将棋が初めての人でも楽しめる。漢字の駒と西洋風の駒を選択できる。

続きを読む »

特別企画 羽生名人独占インタビュー「新たな発火点を目指して」(45号、2008年11月22日発行)

 本年の名人戦に勝利し、第十九世永世名人となられました羽生善治名人に、将棋を世界に広める意義や方法などについて、お尋ねしました。[独占インタビュー]と題して、報告します。(松岡信行
 尚、インタビューは、本年9月19日に行なわれました。

松岡 先ずは、第19世永世名人ご就位、おめでとうございます。就位式に参列させて頂きましたが、普段に比べ、随分と緊張されていたようにお見受けしました。

続きを読む »

夢と計画 - インターネットでできることはインターネットへ(44号、2008年7月23日発行)

 今、すでにインターネットの時代です。ISPSで流す情報もなるべく多くをインターネットを利用して行こうと思っています。どこでどんな大会があって誰が勝った、などという海外将棋情報などはインターネットが得意とするところです。何といってもニュース性がありスピードがあります。(眞田尚裕

続きを読む »

『かけはし』新たな出発に向けて(44号、2008年7月23日発行)

 永く『かけはし』の編集に携わって来られた寺尾理事に代わり、今回から編集を担当します。今年の4月よりISPSの理事という大役をおおせつかると同時に、機関誌『かけはし』の編集に関わることになりました。改めて編集・製作という目で『かけはし』を見ますと、内容・構成に歴史の重みを感じ、体が引き締まるのを禁じ得ません。第44号。いかにも素人が作ったものと思われましょうが、精一杯に取り組みました。ご寛恕ください。(松岡信行

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード