« 2007年12月 | メイン | 2008年8月 »

こも・えすたスペイン将棋便り(42号、2007年12月22日発行)

時間をみつけては将棋講座をやっています

大使館で将棋講座

 9月5日水曜日、マドリードの日本大使館で3回目の将棋講座を開催(写真上)。開催日を勘違いして、来られないというグループがあったりして、参加者はちょっと少なめ。以前の遊びの祭典で将棋を知ったADAM(アニメ・マンガ保護協会)の幹事の人が家族連れできてくれたりしていました。今まで、将棋講座のアレンジを手伝ってくれてきた将棋好きの同僚が転勤になるので、もっと他の人の協力を得ないといけません。(山田彰

続きを読む »

会の目標について考えていること(42号、2007年12月22日発行)

会員の方の提言を受けて

 かけはし41号の私の「会員を増やそう」の記事について、会員の高島俊洋さんから「活動の目的がつかめない」など5つの項目にわたって提言を頂きました。有難うございました。
 直接答えにはなっていないかも知れませんが、今考えていることを二つ述べます。(眞田尚裕

続きを読む »

ISPSインフォメーション(42号、2007年12月22日発行)

*日本将棋連盟へレポート提出
 11月7日、「2008年第1回世界マインドスポーツ大会開催の将棋界へのインパクト分析と取るべき対応策について」と題したレポートを日本将棋連盟に提出した。これは、来年の10月に五輪の後の北京で、国際オリンピック委員会公認のもと第1回世界マインドスポーツ大会が開催されるとの中国紙の報道があったの受け、寺尾理事が中心となってまとめた分析と対応策を10月の理事会で討議しレポートとして提出することを決定したもの。同大会は、チェス・囲碁・ブリッジ・チェッカーにシャンチーが加わった5種目の大会だが、オリンピックイヤーに毎回大会が行われて今後参加種目を増やしていくことが予想される。これに参加をしていかないと、国際的な場で将棋が認知されなくなるおそれがあり、海外普及はもとより、国内での将棋普及にも影響が出てくる可能性があるので、1、世界各国の将棋の競技団体を統括ないし代表する将棋世界協会(仮称)の設立に直ちに取り掛かっていただきたいこと、2、第1回世界マインドスポーツ大会に将棋が小種目として加えられるよう直ちに活動の開始をお願いしたいこと、の2点を骨子としている。

続きを読む »

京都市国際交流会館でトーナメント(42号、2007年12月22日発行)

レッスンも併設、外国人4人が参加

 11月3日京都疎水で有名な南禅寺南側にある京都市国際交流会館で「国際交流会館オープンデイ2007」と銘打って留学生中心の模擬店、踊り等多彩な行事が催されました。(大蔵康浩

続きを読む »

「しおんの王」効果、FacebookというSNS(42号、2007年12月22日発行)

海外の将棋情報ア・ラ・カルト

 *字幕でアニメ
 10月13日より、土曜の深夜枠のフジテレビ系列で、「しおんの王」というアニメが始まった。もとのマンガの作画は安藤氏、原作はかとりまさる氏だが、実はかとりまさるというのは元女流棋士の林葉直子氏のペンネームである。同作品は、少女女流棋士を主人公としたミステリー仕立てになっている。

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード