« 2006年12月 | メイン | 2007年8月 »

ISPSインフォメーション(38号、2006年12月16日発行)

*スウェーデンのダネルド氏が来日
 ヨーロッパ将棋連盟とスウェーデン将棋協会トップのマーチン・ダネルド氏が来日しており、10月1日の理事会でヨーロッパやスウェーデンの現況、今後の展開などについて意見交換をした。氏からは、「毎年のトーナメントに参加する人数がほぼ横ばいで増えていない」。理由を聞くとこれは、新規に将棋を始める人はいるのだが、トーナメントで全敗するなど勝てなかった人が次の年には参加してくれなくなるため差し引き横ばいになってしまうという。

続きを読む »

海外の将棋情報ア・ラ・カルト(38号、2006年12月16日発行)

漫画・アニメで世界に広がる shogi

 集英社の「少年ジャンプ」に岸本斉史氏が連載している「NARUTO」は、アニメ放映、映画化もされているヒット作品。これは日本だけでなく、各国語にも訳されており、世界中にファンが居る。インターネット上の百科事典の Wikipedia で NARUTO の項目が30ヶ国語以上で書かれていることでそれは裏付けられる。(寺尾 学

続きを読む »

カンヌ・ゲームの祭典ツアー8日間(38号、2006年12月16日発行)

 ゲームの祭典へ将棋が初めて加わったと言うことで、「将棋を世界に広める会」では05年の2月に二人の会員をカンヌへ派遣しました。現地ではフランス将棋連盟の方々が一生懸命に将棋の普及に努力をしています。チェス,碁、オセロ、トランプ等々ゲーム好きの人々が大勢集るこのゲームの祭典は、フランスで将棋を普及する絶好の場所です。(眞田 尚裕

続きを読む »

編集部特選譜(38号、2006年12月16日発行)

先手:山内一馬 後手:李鵬宇

 8面指しながら山内さんから勝利した大学生の李さんの殊勲の一局を紹介。最初の図は、飛車を切って6六の銀を李さんが手にしたところ。以下、銀の割り打ちで先手の飛車を3筋に移し、凝り形の角銀を中央で一気にさばく狙い。穴熊が固いので中盤で飛車を切っても行けるとみた外国人離れした発想の勝負手だ。北京でも強い人が育っている。

続きを読む »

北京少年宮訪問記(38号、2006年12月16日発行)

日中で学生同士の将棋交流ができたらいいな

 みなさんはじめまして。今年から入会致しました、東京大学将棋部の山内一馬と申します。今回は「将棋を世界に広める会」の多大なるご協力をいただきまして、北京の少年宮を訪問して参りました。その様子、また今後の展望についてこちらで簡単にご報告させていただけたらと思います。(山内一馬

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード