« 2005年1月 | メイン | 2005年6月 »

Game CourierでShogiを指す(30号,2004.12.18発行)

 インターネットを使って、海外の方と将棋を指す方法について、リアルタイム対局ができる将棋倶楽部24と、Eメールで対局ができる Richard's PBeM server を過去のかけはしで紹介した。(寺尾 学

続きを読む »

京都で外国人向け将棋教室を開く(30号,2004.12.18発行)

 「将棋教室ををやってみませんか。」と女流書家の河原林春陽先生に声を掛けて頂いたのがきっかけでした。先生が京都市の国際交流会館で外国人のための水墨画教室を開いておられ、通訳もどきで顔を出していた今年2月頃のことです。京都とウクライナの首都のキエフとは姉妹都市で、2年前に京都市から文化交流使節団がキエフを訪問しました。そのおりに河原林先生の書に触れてすっかり書道のとりこになったのが、私どもの将棋の友人のウイクトル・チセンコ氏。昨年ウクライナに出掛けた時に「自分の書を先生に見てもらって欲しい」と言われて預かって来て、先生と知り合うことが出来ました。京都に住んでいる者同士がウクライナ人を通じて知り合ったのです。(池谷 孰

続きを読む »

会員のお便り(30号,2004.12.18発行)

 8月19日に韓国将棋(チャンギ)協会を、日本人エスペランティストの友人と韓国のLee-Jung-kee先生(かけはし27号の上田友彦さんの記事参照)との三人で訪問いたしました。(波多野 元 - 北九州市立大学将棋部(北将会)同窓会長)

続きを読む »

竜王戦ソウル対局観戦ツアーに参加して(30号,2004.12.18発行)

 第17期竜王戦第1局は、10月19日、20日の両日ソウル新羅(シイラ)ホテルで対局が行なわれ、前夜祭が前日(18日)の18時から、同じホテルで開催された。
 読売旅行社の観戦ツアーがあるという話を耳にして、単独で参加した。
 韓国には職場の旅行と、将棋を世界に広める会の日韓交流会に参加したことがあり、今回が3回目。(<b>細根雄治</b>)

続きを読む »

将棋を世界に広める会発足10周年を振り返って(30号,2004.12.18発行)

 1995年に「将棋を世界に広める会」ができてから2005年5月で10周年になります。
この10年の間、絶えず支援をしてくださった多くの方々に深く感謝します。(眞田尚裕

続きを読む »

2周年を迎えたISC - International Shogi Club(30号,2004.12.18発行)

 私がネット上に将棋倶楽部24のサークルとして、 ISC International Shogi Clubを立ち上げて2周年になりました。前回の国際将棋フォーラムに参加させていただいたのがきっかけで、あのような素晴らしい交流を是非日常レベルでも実現させたい、という思いに多くの皆さんが共感していただいて生まれた倶楽部です。(庭田禎久(日本将棋連盟 普及指導員 / 将棋を世界に広める会 会員)

続きを読む »

ウクライナでの将棋交流(30号,2004.12.18発行)

 キエフの国際会議に出張することになり、昔の「かけはし」にウクライナの記事があったことを思い出しました。理事に問い合わせたところ、ちょうどチセンコ氏にマグネット盤を発送しようとしていたところとのこと。持参できるために浮く送料分で1セット余分に準備し、死蔵していた付録雑誌などから旅行鞄に詰め込めるだけの冊子を詰めこみ、私達の同好会からも寄贈品として盤駒のセットを携えて、キエフに出立しました。(藤本信義

続きを読む »

ロシアと周辺国への更なる普及のために(30号,2004.12.18発行)

6カ月の滞在体験からの考察
 ロシアのサンクト・ペテルブルグに半年間住み込んで学校での課外授業を中心にさまざまな将棋活動を行って来ましたが、その中から現状を踏まえてどんなことが必要か、ISPSとして何が出来るか、私なりに感じた事を簡単にまとめてみたいと思います。なお、フィンランド,ウクライナなど近隣諸国にも足を伸ばしてきましたので、それについても言及させて頂きます。(鈴木良尚

続きを読む »

上着の招いた縁でウクライナ来訪(30号、2004.12.18発行)

リフネに将棋で日本文化センター設立の可能性
 8月、ロシアの学校の夏休みを利用して再びウクライナを訪れ、キエフとリフネの子供たちと再会を果たして来ました。(鈴木良尚

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード