2005年発行 Feed

理事派遣と学童招待(34号,12月17日発行)

平成18年度の2つの計画

(1) 「カンヌのゲーム祭典へ理事を派遣」
 フランスのカンヌで行われるゲームの祭典に今年から将棋が加わります。フランス将棋協会のエリック・シェイモルさんが中心となって準備が進んでいます。

続きを読む »

Kurnik.orgに将棋が加わる(34号,12月17日発行)

ポーランドの将棋普及はネットが先行

 またもや外国のゲームサイトで将棋ができるところが増えた。今回はポーランドのMarek Futregaさんが開発しているゲームサイトのKurnik.org について紹介する。(寺尾 学

続きを読む »

横浜国際フェスタに参加して(34号,12月17日発行)

ヨルダンの男性に手ほどき

 10月29日、30日に、横浜みなとみらい地区パシフィコ横浜(展示ホールA)にて「横浜国際フェスタ」が開催され、将棋を世界に広める会も参加した。展示ホールは、約10のゾーンに分かれ、世界を触れる、世界と遊ぶ「アドベンチャー」ゾーンにISPSのブースを設け、将棋を指してみたいという大人と将棋を指したり、将棋が好きな子供に将棋を指導したり、外国人に将棋を紹介した。(阪上 彰

続きを読む »

「四月の雪」にしてはならない(34号,12月17日発行)

韓国での将棋の今、これから

 2005年9月。ソウル市内の映画館には、あのペ・ヨンジュンとソイ・イェジン主演の映画の垂れ幕がかかっていた。日本でのタイトルは「四月の雪」。美しく切ない男と女の叶わぬ愛を描いた映画だ。“どんなに舞い降りても積もることのない四月の雪のように……”。そんなコピーが頭をよぎった。
 韓国の地で、将棋は「四月の雪」になっていないか……。ぼくは、大きな垂れ幕を見上げながら、そんな心配をしていたのだった。(川北亮司

続きを読む »

ベラルーシ将棋協会のホームページが元気な理由(33号,9月17日発行)

 今回、ウクライナの将棋交流の旅に参加するにあたり、ウクライナの将棋ファンや、普及に尽力している少年宮の関係者に会うのはもちろんだが、もうひとつ楽しみにしていたことがあった。それは、ウクライナの北の隣国、ベラルーシの将棋協会のメンバーがやってきて、彼らと話ができることだった。(寺尾学

続きを読む »

Brainking.comに将棋が加わる(33号,9月17日発行)

 人間対人間の対戦ボードゲームサイトには、同じ時間にインターネットに接続して
対戦するリアルタイム型のサイトと、数時間ごととか、一日毎とかに相互に指し手を行えばよいターンベースのサイトがある。今回紹介する BrainKing.comは後者のタイプ。

続きを読む »

外国人のための学校を開く夢(33号,9月17日発行)

 まだ具体的なことは何も決まっていませんが、ISPSで外国人のための将棋学校を開きたいと考えています。(眞田 尚裕)

続きを読む »

ドイツのフライブルグで将棋夏合宿(33号,9月17日発行)

アマ講師5人で25人に指導

 7月7日(木)の朝から10日の昼までドイツのスイス、フランス国境近くのフライブルグで級位者を対象にした恐らくヨーロッパ初の将棋合宿が行われた。(寺尾学

続きを読む »

キエフの将棋教室訪問(33号,9月17日発行)

 5月26日(木)、一行は昼の間は一日中キエフ観光。ドニエプル川のクルージングに未練を残しつつも、副理事長の鈴木さんと二人で、かねてから依頼を受けていたキエフの少年宮に将棋の指導に出掛けることにしました。少年宮の将棋教室は、小学校が終わってからで4時から。それまでの有効な過ごし方を考えていただくように鈴木さんにお願いしました。(池谷孰

続きを読む »

将棋以外の「漢字」を教わったヨ!(33号,9月17日発行)

・・・・ウクライナ将棋紀行の一エピソード・・・・・

 氷のとけはじめ

 五年前ペテルブルグを訪ねたときは、私にとって初めてのロシアであり、主訪問先の「バラの学校」での子どもたちとの交流も、和やかな雰囲気に包まれたものとはいえ、まだカミシモ着用を脱するまでにはいたらなかった。 (入江建久

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード