« 2004年9月 | メイン | 2004年11月 »

「横浜上海将棋交流会」来春の夢(25号、2003.9.27)

 横浜上海将棋交流会は2003年2月に上海の小・中学生代表8名を含む大勢の子供達を、 横浜に招いて第一回大会を行いました。 トーナメント以外にも一人が一手ずつ指す日中対抗連将棋なども行い、姉妹都市である横浜と上海との親善友好の一助となる楽しい大会でした。又その後、横浜の慶応普通部と上海の甘泉中学校とが将棋姉妹校となってコンピューターによる将棋対抗戦を行うなど、継続的交流がなされています。(眞田尚裕)

続きを読む »

ロシア将棋旅日記(25号、2003.9.27)

 8月25日(月) 午後5時キエフ発モスクワ行きフライトが6時間遅れて午後11時発。実際には更にもう少し遅れて、モスクワ・シェレメチェボ空港第一に到着したのが午前2時だった。ロシア入国証明に8月25日と書いてあったのを、係官が目ざとく見つけ8月26日に訂正させられた。
 空港出迎えのロシア人も真夜中までご苦労さん。尤も、この人は遅延情報を予め入手していた筈なので、空港でずっと待ちぼうけていたのではなく、遅延時間に合わせて現れたのだとは思うが。結局、就寝は午前4時。(鈴木良尚)

続きを読む »

ウクライナ将棋旅日記(25号、2003.9.27)

 かってのソ連邦構成国のウクライナ。ここでも日本の将棋の愛好家が増えつつあります。現状を把握し、一層の発展の方策を探る為に出かける事にしました。スリムな副理事長の鈴木さんとチビで小太りの私。ドンキホーテとサンチョパンサ現代版の二人づれの出発です。(池谷孰

続きを読む »

日韓将棋チャンギ交流事業への取り組み(24号、2003.6.30)

 「将棋を世界に広める会」(ISPS)では「韓国チャンギ協会」と協力して本年度から、韓国での将棋の普及と日本でのチャンギの普及を推進することを目的とした「日韓将棋チャンギ交流事業」を開始することになりました。(眞田尚裕)

続きを読む »

「将棋の国際普及の根幹」をどうする(24号,2003.6.30)

 現在日本将棋連盟をはじめ非常に大勢のアマチュア将棋ファンが将棋の海外普及に情熱を注いで、外国人に将棋を教えています。ところが教える人が10人いれば教え方も10色あるのが現状です。一口に外国と言っても何百という国が現存するのですから相手が解かり易いように教えようとすればそれぞれに違ったやり方になるのは当然かも知れません。(眞田尚裕

続きを読む »

ウクライナとのやりとり(24号、2003.6.30)

 Rivne市のクラブから将棋を始めている子供たちの棋力の判定をどうすればよいかと質問が届きました。棋譜を送ってくれれば判定してあげると返事をしたところ、早速10名の合計11局の棋譜が届きました。副理事長の鈴木さんと理事の勝俣さんにお願いして検討してもらいました。棋譜のほかに今年1月のトーナメントの成績も考慮しました。結果は次のようになりました。(池谷孰

続きを読む »

Internet Shogi Club(ISC):将棋倶楽部24ネット国際交流サークル(24号、2003.6.30)

 みなさん、こんにちわ。                   
 私は将棋を世界に広める会の会員ですが、昨年ロシアの人たち 数人とインターネット将棋道場 (将棋倶楽部24)で対局する機会があり、対局時にチャット機能を使って、日本語、英語まじりの会話を楽しみました。すると、観戦していたロシアの友人のまた友人がどんどん寄ってきて会話が盛り上がるんですよね。こんな経験を将棋倶楽部24でされているかたは他にも結構いっらしゃるのではないかと思います。昨年10月の国際将棋フォーラムをきっかけに、将棋倶楽部24で、外国の方と指してみたい、会話を楽しんで みたいという方を募集してみたところ、かなりの方からの反響が寄せられ、現在は24上のサークルとして活動するまでになりましたので、今日は主な活動内容について皆さんにご報告させていただきたいと思います。(庭田禎久

続きを読む »

インターネットのリアルタイム対局が海外の人との対局の主役に(24号、2003.6.30)

 従来、海外の人との対局は、海外に赴任している方は例外として、郵便将棋、電子メール将棋が主でした。しかし、インターネットの接続のブロードバンド化が進み、高速でかつ月額固定料金で使えるようになるにつれて、リアルタイムの対局サイトが海外の人との対局する方法として比重を増しています。(寺尾学)

続きを読む »

「横浜上海将棋交流会」実施報告と今後の夢(23号、2003.3.1)

 上海から将棋の強い子供達を姉妹都市である横浜へ呼んで将棋大会をやりたいと言う夢は、2月1日に横浜国際交流ラウンジの広くて快適な会場において盛大な将棋会を開くことができて実現しました。(眞田尚裕)

続きを読む »

心と顔が映る「将棋」(23号、2003.3.1)

 平成15年2月1日、許建東さんを団長とする上海の少年・少女や北京の子供達、ご両親や学校の先生達の一行が、ここ横浜国際交流ラウンジに「横浜上海将棋交流会」の為来場された。(西勇)

続きを読む »

サイトナビゲーション

最近のトラックバック

Powered by Six Apart

Google Analytics

  • トラッキングコード